出版案内
福祉事業団

「原発再稼働後も戦える」 支援の弁護士ら語る

シンポジウムで今後のエネルギー政策などについて語る河合弁護士(右)と飯田所長=大津市浜大津4丁目
シンポジウムで今後のエネルギー政策などについて語る河合弁護士(右)と飯田所長=大津市浜大津4丁目

 原発事故とエネルギー政策について掘り下げたドキュメンタリー映画「日本と原発」の上映会と、原発再稼働について考えるシンポジウムが26日、大津市の明日都浜大津で開かれた。全国の原発差し止め訴訟を支え、同映画の監督を務めた河合弘之弁護士らが講演し、今後の訴訟の進め方や再生可能エネルギーの可能性について語った。

 原発問題に関心のある県民らが実行委を立ち上げて企画し、市民約30人が参加した。

 河合弁護士は大津地裁による高浜原発3、4号機の運転差し止め仮処分決定について「歴史的にいろんな意味がある」と説明。「従来の訴訟は、裁判官の心理的な負担から稼働前に勝たなきゃいけないと焦りがあったが、諦めることはないとわかった」と語った。

 NPO法人「環境エネルギー政策研究所」の飯田哲也所長が、再生可能エネルギーの普及推進について講演。福島県喜多方市の酒蔵など全国各地の多様な団体が、電力の地産地消を目指して太陽光発電などに取り組み始めた動きを紹介し、「原発をなくしていく戦いと、自分たちの手でクリーンなエネルギーをつくる戦いを連携して続けていくことが大事」と話した。

【 2016年03月27日 10時01分 】

ニュース写真

  • シンポジウムで今後のエネルギー政策などについて語る河合弁護士(右)と飯田所長=大津市浜大津4丁目
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本代表の則本、藤浪ら投球練習
      WBC強化合宿2日目

      20170224000124

       野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ANAがピーチを子会社化
      304億円で株式取得

      20170224000017

       ANAホールディングスは24日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      滋賀県の山、詳しく紹介 ガイド本、初心者もわかりやすく

      20170224000077

       滋賀県内の山を登る人のための最新情報を盛り込んだ本「滋賀県の山」が山と渓谷社からこのほ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

      20170224000063

       滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続..... [ 記事へ ]