出版案内
福祉事業団

警官志望減で体格基準も廃止 京都府警、街角で募集訴え

若者に京都府警の採用について説明する下京署員(京都市下京区河原町通四条)
若者に京都府警の採用について説明する下京署員(京都市下京区河原町通四条)

 全国的に警察官の志望者が減少する中、京都府警が採用方法の見直しを進めている。2016年度からは、身長と体重の体格基準を廃止し、大学や高校などの既卒者の採用時期を、4月と10月の2回にする。インターンシップの導入も検討しており、門戸を広げて優秀な人材の確保を目指している。

 「警察官を募集しています。就職活動中の友達にも伝えて」。3月下旬、買い物客らが行き交う京都市下京区の四条河原町交差点で、下京署員が若者に呼び掛けた。相談ブースも設け、仕事のやりがいや業務内容を説明した。

 府警によると、15年度の受験者数は1503人で、05年度からほぼ半減した。定年による大量退職は続き、10年間で警察官の約4割が入れ替わると推計され、安定した受験者数の確保が課題だ。全国的にも受験者数は減少傾向で、14年度は計9万6802人(警察庁調べ)と4年連続で減った。就職適齢人口の減少や、景気回復による企業の採用増が影響しているという。

 厳しい現状を踏まえ、府警は昨年6月、専門チームを立ち上げ、大学生ら約800人に調査を実施。警察官のイメージや将来を決める時期など若者の意向を分析し、採用の課題と対策について協議してきた。

 採用の在り方を見直す中、大学院生や専門学校生が中退しなくてもいいように、これまで10月採用に限っていた大学や高校などの既卒者も4月採用を選択できるようにした。身長(男性160センチ以上、女性153センチ以上)と体重(男性47キロ以上、女性43キロ以上)の体格基準を撤廃し、受験資格も一部変更した。

 就職活動中の学生らの不安を取り除くため、個別相談会も新たに取り入れた。

 第1回試験の申し込みは4月13日まで(インターネットは同6日まで)。問い合わせは府警警務課採用係のフリーダイヤル(0120)555314。

【 2016年03月29日 08時50分 】

ニュース写真

  • 若者に京都府警の採用について説明する下京署員(京都市下京区河原町通四条)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      関西WMGへ滋賀県実行委を設立 事業計画など決定

      20170327000161

       2021年5月に関西一円で行われる生涯スポーツの国際総合競技大会「ワールドマスターズゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      イオン甲子園店、5月末に閉店へ
      前ダイエー、苦戦脱せず

      20170327000130

       イオングループ傘下で、総合スーパーの運営を担うイオンリテールが、大型商業施設「イオン甲..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初の「京都遺産」に庭園文化など3件 市審査会答申 

      20170327000157

       京都市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織り成す..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      飯舘「お帰りなさい」帰還を歓迎
      放射線量測定装置にメッセー

      20170327000136

       東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部地域を除き今月末に解除される福島県飯舘村で..... [ 記事へ ]

      国際

      「同じ地獄再現ならない」
      被爆者藤森さんが演説

      20170328000001

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で27日(日本時間同)始まった核兵器禁止条..... [ 記事へ ]