出版案内
福祉事業団

四条通、歩道の“邪魔” 電気機器ようやく移設へ 18年完了

四条通の歩道上に設置されている地上機器。歩道の中央付近にもあり、歩行者は避けて通行している(京都市下京区)
四条通の歩道上に設置されている地上機器。歩道の中央付近にもあり、歩行者は避けて通行している(京都市下京区)

 歩道が拡幅された京都市中心部の四条通(烏丸-川端間)で、電気を供給する歩道上の設備「地上機器」(高さ0・9メートル、幅1・2メートル、奥行き0・5メートル)を車道沿いに移設する工事が進んでいる。歩道の真ん中にある地上機器が、歩行の妨げになっているためだ。新しい機器を設置した後に取り除くため、一時的に数が増える。15基を移す工事の完了は2018年の祇園祭前となる見込み。

 市によると、地上機器は四条通で電柱を無くしたことに伴い、1988年に設置された。地中の管を通る電気を、通り沿いの店舗などに分配する機能を持ち、歩道を拡幅した区間には31基ある。

 歩道拡幅は市が2014年11月に始め、15年10月に完了した。拡幅前は機器は全て車道沿いにあったが、拡幅によって機器が歩道の中央付近などに位置するようになった。移設作業は機器を設置した関西電力が行うが、市の事業に伴うため、移設費約2億円は市が負担する。

 移設工事は、来年、再来年のそれぞれ祇園祭までを目標に二段階で行う。まず四条通の寺町-烏丸間にある18基のうち7基で、移設先に新たな機器を設置し、地中の配線工事をした後に現在の機器を撤去する。関電が8月22日から作業を始めており、来年の祇園祭までに終える。歩行の妨げにならない8基は移設せず、残る3基は地下の構造上、移設できない。寺町-川端間では来年8月に着手し、13基中8基を18年の祇園祭までに移設する。

 市道路環境整備課は「歩道拡幅後、横に並んで歩く人が増えた。地上機器を気にせず楽しみながら歩ける通りにしたい」としている。

【 2016年09月08日 15時30分 】

ニュース写真

  • 四条通の歩道上に設置されている地上機器。歩道の中央付近にもあり、歩行者は避けて通行している(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      楽4―8オ(20日)
      金子が12勝目

      20170920000245

       オリックスが快勝した。三回に安達の適時打で1点を先制。4―1の七回にロメロの3ラン、八..... [ 記事へ ]

      経済

      電柱わしづかみ、地中にグサリ JR西が新車両開発

      20170920000202

       大型のアーム(腕)で電柱をわしづかみにし、そのまま地中に差し込める専用車両「電柱ハンド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ネット犯罪から子ども守れ 京都府警がPTA指導

      20170920000199

       子どもを狙ったインターネットの犯罪について考える講座が20日、京都市中京区の京都アスニ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞予想に宮坂氏を選定
      次世代太陽電池を開発

      20170920000235

       米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、将来ノーベル賞を受賞する可能性が高い研..... [ 記事へ ]

      国際

      共同活動は観光・養殖優先
      北方領土でサハリン首相

      20170920000219

       【ユジノサハリンスク共同】北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のシェルビナ首相..... [ 記事へ ]