出版案内
福祉事業団

四条通、歩道の“邪魔” 電気機器ようやく移設へ 18年完了

四条通の歩道上に設置されている地上機器。歩道の中央付近にもあり、歩行者は避けて通行している(京都市下京区)
四条通の歩道上に設置されている地上機器。歩道の中央付近にもあり、歩行者は避けて通行している(京都市下京区)

 歩道が拡幅された京都市中心部の四条通(烏丸-川端間)で、電気を供給する歩道上の設備「地上機器」(高さ0・9メートル、幅1・2メートル、奥行き0・5メートル)を車道沿いに移設する工事が進んでいる。歩道の真ん中にある地上機器が、歩行の妨げになっているためだ。新しい機器を設置した後に取り除くため、一時的に数が増える。15基を移す工事の完了は2018年の祇園祭前となる見込み。

 市によると、地上機器は四条通で電柱を無くしたことに伴い、1988年に設置された。地中の管を通る電気を、通り沿いの店舗などに分配する機能を持ち、歩道を拡幅した区間には31基ある。

 歩道拡幅は市が2014年11月に始め、15年10月に完了した。拡幅前は機器は全て車道沿いにあったが、拡幅によって機器が歩道の中央付近などに位置するようになった。移設作業は機器を設置した関西電力が行うが、市の事業に伴うため、移設費約2億円は市が負担する。

 移設工事は、来年、再来年のそれぞれ祇園祭までを目標に二段階で行う。まず四条通の寺町-烏丸間にある18基のうち7基で、移設先に新たな機器を設置し、地中の配線工事をした後に現在の機器を撤去する。関電が8月22日から作業を始めており、来年の祇園祭までに終える。歩行の妨げにならない8基は移設せず、残る3基は地下の構造上、移設できない。寺町-川端間では来年8月に着手し、13基中8基を18年の祇園祭までに移設する。

 市道路環境整備課は「歩道拡幅後、横に並んで歩く人が増えた。地上機器を気にせず楽しみながら歩ける通りにしたい」としている。

【 2016年09月08日 15時30分 】

ニュース写真

  • 四条通の歩道上に設置されている地上機器。歩道の中央付近にもあり、歩行者は避けて通行している(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大本開祖・出口なお生誕地発信へ 京都、没後100年に向け

      20170722000146

       大本の出口なお開祖(1837~1918年)が生まれた京都府福知山市上紺屋の土地を、宗教..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]