出版案内
福祉事業団

文化財保護、「企業版ふるさと納税」活用 京都府が議会提案へ

 京都府は、国の地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用して、文化財保護を充実させる「文化レジリエンス(強靱(きょうじん)化)事業」を始める。12日開会の9月定例府議会に提案する本年度一般会計補正予算案に事業費500万円を盛り込んだ。だが、企業への働き掛けを始めたばかりで、寄付を受けられる見通しはまだ立っていない。

 企業版ふるさと納税は、国が地方創生の一環で本年度創設した。企業が道府県や市町村の特定事業に寄付した場合、従来の寄付と比べ約2倍の税額控除を受けられる仕組み。8月に第1弾となる102事業が認定され、府内では京都市の文化・産業分野の魅力発信事業、舞鶴市の引き揚げの史実継承プロジェクトが認められている。

 府はこれまで、個人のふるさと納税や、企業の寄付を基金に積み立て、文化財修復などに活用している。15年度は25件2158万5千円を交付し、15年度末の基金残高は2212万3千円。文化財所有者から修復の要望は多く、今回、企業版ふるさと納税を財源に文化レジリエンス事業を始めることを決めた。

 事業は、未指定を含む府内の文化財全般が対象。防災対策や文化財の公開に向けた環境整備に関する費用を最大2分の1助成する。災害復旧の場合は3分の2を助成する。

 府は7月下旬から、過去に寄付実績のある企業や、東京、大阪など大都市圏にある京都ゆかりの企業に打診を始めた。これまでに寄付が決まったケースはない。仮に寄付が不足すれば、従来の基金を取り崩して財源を確保するか、事業費を縮小することになる。国が9月中にも申請を受け付ける予定の第2弾認定に間に合わせるには、1社以上から寄付を受けられるめどが付いている必要がある。

 府文教課は「文化財所有者のニーズに応えるためにも、保護の意義や地域の活力との関わりを十分説明し、財源確保に努めたい」としている。

【 2016年09月08日 17時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      桐生、予選で10秒16
      織田記念陸上

      20170429000061

       陸上の世界選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねる織田記念国際は29日、広島市のエ..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、質も量も十分 京都・城陽

      20170429000053

       新茶シーズンの幕開けを告げる宇治茶の初市が28日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      近江牛発祥の地、リニューアルで発信 滋賀、道の駅の資料館

      20170429000065

       滋賀県竜王町は同町山之上の道の駅「アグリパーク竜王」にある農村田園資料館をリニューアル..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖産のアユ、記録的不漁 昨年の14分の1以下

      20170429000059

       琵琶湖産アユの記録的な不漁で、今シーズンは食用や釣りの放流用に十分な量を供給できない見..... [ 記事へ ]

      国際

      ローマ法王、テロ被害教会で追悼
      エジプト、連帯示し献花

      20170429000038

       【カイロ共同】エジプト訪問中のローマ法王フランシスコは28日、昨年12月に過激派組織「..... [ 記事へ ]