出版案内
福祉事業団

福島とチェルノブイリ、原発事故写真で追う 京都で展覧会

福島県とチェルノブイリ周辺のまちの移ろいを追った中筋さんの写真展(京都市中京区・同時代ギャラリー)
福島県とチェルノブイリ周辺のまちの移ろいを追った中筋さんの写真展(京都市中京区・同時代ギャラリー)

 原発事故があった福島県と旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリのまちの移ろいを追った写真展「流転」が、京都市中京区三条通御幸町東入ルの同時代ギャラリーで開かれている。人々が紡いだ生活を奪った事故の悲惨さと、まちの現状を伝える。

 カメラマンの中筋純さん(50)は、2007年からチェルノブイリを、12年から福島県富岡町や浪江町を撮影し続けている。両原発事故とも国際評価尺度(INES)で最悪の「レベル7」であることから、「比較をタブー視せず、国際的な尺度で同時に検証すべき」と写真展を企画した。

 会場には85点を展示。数年間をかけて撮影したという、朽ちていく民家や生い茂る草木を定点で切り取った連続写真のほか、学用品が残ったままの学校や高台から望んだ人けのない町並みなど、双方のまちの様子を隣に並べ、事故後の時間経過を示した。

 福島側では、除染廃棄物を詰めた黒いフレコンバッグに埋め尽くされた球場や腐敗した商品が散乱するスーパー内部などの大型写真もある。

 中筋さんは「そこに暮らした人々が犠牲になったことを忘れてほしくない。まちの『記憶』を記録し続けたい」と話している。正午~午後7時で、6日の最終日は午後5時まで。入場無料。

【 2016年11月03日 09時45分 】

ニュース写真

  • 福島県とチェルノブイリ周辺のまちの移ろいを追った中筋さんの写真展(京都市中京区・同時代ギャラリー)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]

      国際

      大統領令連発、戦後最多へ
      トランプ氏、実績作り躍起

      20170424000082

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は政権発足100日を迎える29日を前にエネルギーや農..... [ 記事へ ]