出版案内
福祉事業団

子ネコ捨てないで!殺処分急増 滋賀、前年比1・5倍に

 滋賀県は9日、2015年度に県内で殺処分されたネコが前年度比1・5倍に急増していたことを県議会の一般質問で明らかにした。生後2カ月以下の子ネコの持ち込みが増えたためだが、なぜ子ネコが増えたのか原因は不明という。三日月大造知事は「致死処分ゼロに向けて取り組みを進める」と答弁した。

 県によると、県動物保護管理センター(湖南市)では15年度に持ち込まれたネコ1218匹のうち、1056匹を殺処分したという。殺処分数は11年度の1177匹から減少傾向にあり、14年度には666匹まで減っていた。単独で動物愛護センターを運営する大津市分は含まれていない。

 15年度は子ネコが持ち込まれるケースが春から目立ったといい、殺処分の8割は子ネコだった。県生活衛生課は「業者からの引き取りは行っておらず、子ネコが急増した原因は分からない」といい、センターの認知度の向上や、ネコの繁殖力が一時的に高まったことなどが考えられるという。

 本年度の持ち込み数は11月末現在で723匹となり前年同期の1121匹を下回っているという。

 質問した山本正議員(チームしが)は「他都市ではゼロになる自治体もある。根本的な対策が必要だ」と指摘。三日月知事は「啓発イベントやイヌ、ネコと譲渡希望者のお見合いなどの取り組みをしているが、まだまだ十分ではない。他府県の事例を参考に検討していきたい」と答えた。

【 2016年12月09日 22時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バルセロナOP、ナダルが優勝
      男子テニス

      20170501000012

       男子テニスのバルセロナ・オープンは30日、バルセロナで行われ、シングルス決勝でラファエ..... [ 記事へ ]

      経済

      新名神・城陽―八幡京田辺開通 京都府南北140キロが貫通

      20170430000105

       新名神高速道路の城陽-八幡京田辺間(3・5キロ)が30日、開通し、午後3時に一般車両の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鮮やか絵画や陶芸展示 京都ゆかりの若手50人、「京宵展」

      20170430000093

       京都ゆかりの若手の画家や工芸作家計50人が出品する「京宵(けいしょう)展」が30日、京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      平安期以前の原生林、次代に 京都・糺の森で植樹

      20170430000030

       平安時代以前の原生林の姿を今に伝える京都市左京区の下鴨神社・糺の森で29日、市民植樹祭..... [ 記事へ ]

      国際

      日本文化広報拠点オープン
      サンパウロ、英米に先駆け

      20170501000010

       【サンパウロ共同】ブラジル・サンパウロで30日、海外での日本文化の広報拠点施設「ジャパ..... [ 記事へ ]