出版案内
福祉事業団

子ネコ捨てないで!殺処分急増 滋賀、前年比1・5倍に

 滋賀県は9日、2015年度に県内で殺処分されたネコが前年度比1・5倍に急増していたことを県議会の一般質問で明らかにした。生後2カ月以下の子ネコの持ち込みが増えたためだが、なぜ子ネコが増えたのか原因は不明という。三日月大造知事は「致死処分ゼロに向けて取り組みを進める」と答弁した。

 県によると、県動物保護管理センター(湖南市)では15年度に持ち込まれたネコ1218匹のうち、1056匹を殺処分したという。殺処分数は11年度の1177匹から減少傾向にあり、14年度には666匹まで減っていた。単独で動物愛護センターを運営する大津市分は含まれていない。

 15年度は子ネコが持ち込まれるケースが春から目立ったといい、殺処分の8割は子ネコだった。県生活衛生課は「業者からの引き取りは行っておらず、子ネコが急増した原因は分からない」といい、センターの認知度の向上や、ネコの繁殖力が一時的に高まったことなどが考えられるという。

 本年度の持ち込み数は11月末現在で723匹となり前年同期の1121匹を下回っているという。

 質問した山本正議員(チームしが)は「他都市ではゼロになる自治体もある。根本的な対策が必要だ」と指摘。三日月知事は「啓発イベントやイヌ、ネコと譲渡希望者のお見合いなどの取り組みをしているが、まだまだ十分ではない。他府県の事例を参考に検討していきたい」と答えた。

【 2016年12月09日 22時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      U―18日本代表主将に清宮
      「2年前思い出して」と意気込み

      20170823000107

       野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(9月1日開幕・サンダーベイ=カナダ)に出場..... [ 記事へ ]

      経済

      東証6日ぶり反発、米株高を好感
      1万9500円回復の場面も

      20170823000095

       23日の東京株式市場は前日の米株高を好感して日経平均株価(225種)が6営業日ぶりに反..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      厄よけ祈願、参拝者にぎわう 滋賀・木之本地蔵院で「大縁日」

      20170823000038

       滋賀県長浜市木之本町木之本の木之本地蔵院で22日、恒例の大縁日が始まった。境内や門前は..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領、国境の壁「絶対必要」
      差別発言でメディア批判

      20170823000083

       【フェニックス共同】トランプ米大統領は22日、メキシコと国境を接する西部アリゾナ州フェ..... [ 記事へ ]