出版案内
福祉事業団

京都府立医大、山口組系組長の診断に疑い 病気で刑執行停止

診断結果に不自然な点が見つかった京都府立医科大付属病院(京都市上京区)
診断結果に不自然な点が見つかった京都府立医科大付属病院(京都市上京区)

 病気を理由に刑の執行が停止されている指定暴力団山口組淡海一家総長の高山義友希元被告(60)=京都市左京区=に対し、検察当局が大阪刑務所へ収監する方針を決め、出頭を要請したことが13日、捜査関係者への取材で分かった。執行停止の根拠となった京都府立医科大付属病院(上京区)の診断結果に不自然な点が見つかったといい、刑務所の医療態勢で対応可能と判断したとみられる。

 関係者によると、病院側は高山元被告が淡海一家のトップであることを把握していたという。暴力団組長に交付された診断書に疑義が浮上したことで、高度医療を担う公立病院としての信頼が問われそうだ。病気による刑の執行停止を病状回復以外の理由で取り消すのは、異例の対応。

 捜査関係者の説明では、高山元被告は公判中の2014年夏、府立医大で生体腎移植の手術を受けた。実刑確定後の16年2月、大阪高検は、府立医大付属病院医師らから術後の感染症のため医療態勢が乏しい収容施設での生活は難しいとの診断書を受けて、刑の執行停止を決めた。

 しかし、高山元被告の生活状況や、府立医大病院側がいったん手術受け入れを拒否していた経緯などから、捜査機関が当時の診断結果を調べ直した結果、不自然な点が浮上した。検察当局は、高山元被告の現在の体調面などを考慮しても刑務所の医療態勢で診察や治療が可能として、今年2月上旬に刑の執行停止を取り消す方針を決めたという。

 高山元被告は13年に京都地裁で、恐喝罪などで懲役8年(求刑懲役10年)の判決を受け、保釈保証金を納付して保釈されていた。一審判決を不服として控訴していたが、大阪高裁が棄却し、実刑が確定していた。

 判決などによると、高山元被告は、組関係者らと共謀し、05~06年、京都市内のホテルなどで当時60代の男性から計4千万円を脅し取り、09年10月にも500万円を脅し取るなどした。

【 2017年02月14日 08時57分 】

ニュース写真

  • 診断結果に不自然な点が見つかった京都府立医科大付属病院(京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      全米女子プロゴルフが開幕
      宮里藍、畑岡ら第1R

      20170630000004

       【オリンピアフィールズ(米イリノイ州)共同】女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子プロ選..... [ 記事へ ]

      経済

      モバイル機器部品増産へ生産棟 村田製が富山に新設

      20170629000180

       村田製作所は29日、モバイル機器向けの電子部品を増産するため、子会社の富山村田製作所(..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「技を極める」展、入場5万人 京都国立近美

      20170629000137

       京都国立近代美術館(京都市左京区)で開催中の「技を極める ヴァン クリーフ&アーペル ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄で「新種」植物確認
      100年前の記録不正確

      20170630000002

       台湾で1917年に発見されたものの記録が不正確で、「サネカズラ」と同種と考えられていた..... [ 記事へ ]

      国際

      イスラム国象徴の跡地奪還
      モスル旧市街、作戦前進

      20170629000169

       【アルビル(イラク北部)共同】イラク軍は29日、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦..... [ 記事へ ]