出版案内
福祉事業団

大津いじめ報告書、母親が非公表を批判 市教委一転、公表へ

代理人とともに会見に臨む被害児童の母親(22日午後6時15分、大津市・県教育会館)
代理人とともに会見に臨む被害児童の母親(22日午後6時15分、大津市・県教育会館)

 大津市教育委員会が、市立小男児(11)に対するいじめを調べるため設置した第三者委員会の報告書を、男児の保護者の意向に反して非公表にしていた問題で、母親(50)が22日、市内で記者会見し、市教委や学校の姿勢を隠蔽(いんぺい)的と批判し、不信感をあらわにした。市教委は同日、報告書を公表する意向を明らかにした。

 母親は学校の姿勢について、男児が不登校になる前に何度もいじめへの対応を求めたが、学校側がいじめの認知に消極的だったと指摘。母親が加害児童の家庭を訪ねるなどした結果、加害児童との関係はほぼ修復されたが、「先生に対する息子の不信感が全く解消されず、登校再開へのめどがついていない」と深刻な現状を訴えた。

 母親は計4回、報告書の公表を市教委に求めたが、返事をもらえなかったと説明した。「今後、報告書が全部公表されるようになれば、学校や市教委の対応もきっちりとなるのではないか」と話した。

 会見に同席した代理人の石川賢治弁護士は「教諭のいじめのとらえ方が主観的で振幅が大きい。何をいじめと考えるか感覚を共有するためにも、今回のケースに限らず第三者委員会の報告書は広く公表すべきだ」と訴えた。

 会見に先立ち、石川弁護士は市教委に報告書の公表を申し入れた。桶谷守教育長は「保護者としっかり話をして、公表に向けて準備を進める」と約束。公表要請に応えてこなかったことに対しては、「保護者の思いをくみ取れず反省している」と謝罪した。

【 2017年02月22日 22時00分 】

ニュース写真

  • 代理人とともに会見に臨む被害児童の母親(22日午後6時15分、大津市・県教育会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      松山は8番終え3アンダー
      全英OPゴルフ第2日

      20170721000160

       【サウスポート(英国)共同】男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は21日、英..... [ 記事へ ]

      経済

      平和堂、他社商業施設に出店 京都・MOMOテラス

      20170721000142

       平和堂は21日、京都市伏見区のショッピングセンター(SC)「MOMOテラス」内に、メー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪華懸想品眺めそぞろ歩き 祇園祭後祭・宵々々山

      20170721000174

       祇園祭は21日、後祭(あとまつり)の宵々々山を迎えた。京都市中心部では、夜になると山と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「福島の子、着実に成長」 京都の支援者ら中学生に語る

      20170721000060

       原発事故があった福島県への支援を続ける京都府向日市のボランティア団体「ミンナソラノシタ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖でアオコ発生 今年初、これまでで最も早く

      20170721000153

       滋賀県は21日、今年初めてとなる琵琶湖でのアオコの発生を、草津市下物町の烏丸半島北側で..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領報道官が辞任
      広報体制刷新に反対か

      20170722000007

       【ワシントン共同】米主要メディアは21日、スパイサー大統領報道官が辞任したと伝えた。ホ..... [ 記事へ ]