出版案内
福祉事業団

大津いじめ報告書、母親が非公表を批判 市教委一転、公表へ

代理人とともに会見に臨む被害児童の母親(22日午後6時15分、大津市・県教育会館)
代理人とともに会見に臨む被害児童の母親(22日午後6時15分、大津市・県教育会館)

 大津市教育委員会が、市立小男児(11)に対するいじめを調べるため設置した第三者委員会の報告書を、男児の保護者の意向に反して非公表にしていた問題で、母親(50)が22日、市内で記者会見し、市教委や学校の姿勢を隠蔽(いんぺい)的と批判し、不信感をあらわにした。市教委は同日、報告書を公表する意向を明らかにした。

 母親は学校の姿勢について、男児が不登校になる前に何度もいじめへの対応を求めたが、学校側がいじめの認知に消極的だったと指摘。母親が加害児童の家庭を訪ねるなどした結果、加害児童との関係はほぼ修復されたが、「先生に対する息子の不信感が全く解消されず、登校再開へのめどがついていない」と深刻な現状を訴えた。

 母親は計4回、報告書の公表を市教委に求めたが、返事をもらえなかったと説明した。「今後、報告書が全部公表されるようになれば、学校や市教委の対応もきっちりとなるのではないか」と話した。

 会見に同席した代理人の石川賢治弁護士は「教諭のいじめのとらえ方が主観的で振幅が大きい。何をいじめと考えるか感覚を共有するためにも、今回のケースに限らず第三者委員会の報告書は広く公表すべきだ」と訴えた。

 会見に先立ち、石川弁護士は市教委に報告書の公表を申し入れた。桶谷守教育長は「保護者としっかり話をして、公表に向けて準備を進める」と約束。公表要請に応えてこなかったことに対しては、「保護者の思いをくみ取れず反省している」と謝罪した。

【 2017年02月22日 22時00分 】

ニュース写真

  • 代理人とともに会見に臨む被害児童の母親(22日午後6時15分、大津市・県教育会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      広島がリーグ連覇のお礼参り
      小窪「報告できて良かった」

      20171124000073

       広島が24日、リーグ連覇を果たしたお礼のため、広島市内の護国神社を参拝した。松田オーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      ファミマ、コインランドリー参入
      集客増を狙い、500店展開

      20171124000075

       ファミリーマートは24日、コインランドリー事業に参入すると発表した。駐車場がある敷地の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園小唄「舞妓として必須」 京都で歌碑に献花

      20171124000013

       京都の四季の風情や舞妓の心情を詠み、花街で親しまれ続ける歌舞曲をたたえる祇園小唄祭が2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設、18年に計画地点
      大飯再稼働、福井県知事同意

      20171123000109

       関西電力の岩根茂樹社長は23日、福井県内に持つ原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、前高官の逮捕可否決定へ
      文政権で初

      20171124000053

       【ソウル共同】韓国大統領府の田炳憲前政務首席秘書官(19日付で辞任)が2015年にテレ..... [ 記事へ ]