出版案内
福祉事業団

京都・滋賀に定住希望、帰郷諦める人増加 避難者アンケート

京滋の避難者アンケート
京滋の避難者アンケート

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で京都府と滋賀県に避難している50人を対象に、京都新聞社がアンケートを実施したところ、京滋定住を希望する人が22人(前年15人)、住宅の無償提供打ち切り後も公営住宅に有償で入居を継続するつもりの人が12人と、帰郷を諦める人が増えていることが分かった。長引く避難生活の疲れや福島県で暮らす人との心理的な分断などが理由と見られる。

 本人や子どもがいじめや嫌がらせを受けたと読み取れる記述も12件寄せられ、国の帰還政策によって京滋でも避難者数が減少する中、孤立する避難者支援の必要性が浮き彫りとなった。

 京滋の避難者アンケートは毎年実施しており、今回で6回目。2月から記名の聞き取り式で行った。内訳は福島県からの避難者が39人、宮城県4人、岩手県3人、関東地方から4人。福島第1原発周辺で避難指示が出ていた区域から6人、津波や地震で自宅損壊するなどした人は3人だった。

 今月末で、全国の避難者への住宅無償提供が打ち切られる。京都府と京都市は「入居から丸6年」とやや緩和するが、退去を迫られる現実に、行政が把握している京滋の避難者数は計773人と、震災1年後のピークから半減している。アンケートで今後の居住先を尋ねたところ、京滋定住を希望する人が22人、今後を迷いつつ有償になっても公営住宅に入居継続するつもりの人が12人、未定が9人だった。

 今回から設けたいじめに関する設問では、学校で子どもが▽福島弁を話すよう強要され「死ね」と言われた▽「放射能」と言われ蹴られた▽『福島県民は早く帰れ』と言われ、仲間外れにされた-などの声があった。

 回答には「避難者いじめばかり報道すると、いじめはなくならない。なぜ原発事故が起きたのかに目を向けるべき」との意見や、相手の親の謝罪や学校側の対応が早く、深刻化しなかったとの記載もあった。

 公的な支援を求める声は9割近かった。必要な支援を三つ挙げてもらったところ、住宅21人、資金18人が多かった。

【 2017年03月11日 08時42分 】

ニュース写真

  • 京滋の避難者アンケート
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      巨人の山口俊が練習再開
      「認めてもらえるように」

      20170820000061

       警視庁に傷害と器物損壊の疑いで書類送検された巨人の山口俊投手が20日、川崎市のジャイア..... [ 記事へ ]

      経済

      京阪電鉄、初の座席指定特急
      プレミアムカーの運行開始

      20170820000036

       京阪電気鉄道が初めて導入した座席指定の特急車両「プレミアムカー」が20日、運行を始めた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      薩摩の少年兵、悲壮な思い遺書に 京博「鳥羽伏見の戦い」展

      20170820000058

       大政奉還150年を記念して、特集展示「鳥羽伏見の戦い」が、京都市東山区の京都国立博物館..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      山城の魅力、同女大生が動画発信 京都、12市町で撮影

      20170820000043

       同志社女子大(京都府京田辺市興戸)の学生たちが山城地域の魅力を伝える動画の制作を進めて..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      原爆部品運搬の米艦、深海で発見
      1945年フィリピン沖で沈

      20170820000066

       【ニューヨーク共同】第2次大戦末期の1945年7月30日、フィリピン沖で旧日本軍の攻撃..... [ 記事へ ]