出版案内
福祉事業団

子の性暴力被害なくそう 大津のNPO、小中学校へ出張講座

 犯罪被害者支援に取り組む大津市のNPO法人などが4月から、滋賀県内の小中学生らを対象にした性暴力の啓発講座を始める。卑劣な性暴力について、わかりやすく学ぶ機会を低年齢から提供。もしも立場の弱い子どもが被害に遭った場合、信頼できる大人や専門機関に早期に相談するよう伝え、精神的な負担軽減につなげる。

 性犯罪に遭った市民の電話相談窓口「SATOCO(サトコ)」を運営するNPO法人おうみ犯罪被害者支援センター(大津市)や県産科婦人科医会などが連携して実施する。

 同センターによると、サトコに寄せられる相談の半数ほどが10代の女性からで、成人女性の中にも幼少期の経験がトラウマになっている被害者がいる。そこで、子どもが早い段階から性暴力への理解を深め、いたずらなどをされそうになったら声を上げたり、周囲に打ち明けたりしやすい環境を整えるため、啓発講座を企画した。

 講座は要望のあった学校に出向き、センターの性犯罪専門相談員が講師を務める。他人に体を触られたり見られたり、逆に体を触らされたり見せられたりする行為なども性暴力に当たると説明。加害者の約8割が顔見知りの犯行とされ、男性も被害者になり得ることなどを伝える。

 センターの松村裕美支援局長は「被害者の多くは『誰にも言うな』と言われ、気持ちを押し殺して生きている。でも、被害者が悪い訳ではない」と強調。その上で「自分の体と心は自分のもの。嫌なことは嫌と言えるよう子どもの時に意識付けし、一人で悩む被害者を減らしたい」と話す。

 講座は小中学校の教員や保護者の研修向けにも開く。受講希望者を募集中。問い合わせはセンターTEL077(525)8103。

【 2017年03月27日 09時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      柔道、ウルフが了徳寺学園へ
      今夏の世界選手権代表

      20170627000178

       柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)男子100キロ級代表のウルフ・アロン(東海大)..... [ 記事へ ]

      経済

      夏バテ牛に「着る端末」開発
      グンゼ、体温下げ乳量増

      20170627000111

       グンゼは乳牛向けのウエアラブル端末を開発した。夏の暑さによるストレスで乳量が落ちるのを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      太川陽介さん、古里の観光大使に 京都・京丹後

      20170627000153

       京都府京丹後市大宮町出身で俳優・タレントの太川陽介さん(58)が27日、同市初の観光大..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2Aロケット胴体を公開
      日本版GPSの衛星搭載

      20170627000131

       三菱重工業は27日、H2Aロケット35号機の胴体部分を飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣..... [ 記事へ ]

      国際

      中国を最低ランクに格下げ
      米、人身売買の報告書

      20170628000001

       【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は27日午前(日本時間同日夜)、世界各国の人身..... [ 記事へ ]