出版案内
福祉事業団

原発「警戒事態」で観光客に帰宅要請 滋賀県防災会議承認

 滋賀県防災会議は28日、風水害や震災など災害ごとに県が作成している県地域防災計画の一部修正を承認した。原子力災害対策編では、原発から最大43キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)内にいる観光客へ帰宅を呼び掛けるタイミングを、原発で3時間以上外部電源が失われるなどした「警戒事態」の発生時とすることを明記した。

 県内では高島、長浜両市の一部が、関西電力の高浜原発や大飯原発など福井県若狭湾岸に立地する原発のUPZ圏に入る。原子力災害対策編には住民の避難対策は記していたが、観光客ら一時滞在者向けの対策は記載がなかった。

 国の指針は原発の緊急事態を判断する基準として、「警戒事態」のほか、全交流電源喪失などの「施設敷地緊急事態」、原子炉冷却機能が失われるなどの「全面緊急事態」の3段階を設定している。UPZ圏内では、全面緊急事態になった時点で原則屋内退避が必要になるが、観光客には連絡に時間がかかることから、第1段階の警戒事態時点で帰宅を呼び掛けることにした。

 このほか、風水害対策編の修正は、昨年8月に岩手県岩泉町のグループホームで高齢者9人が犠牲になった台風10号災害を教訓に、市町が出す「避難準備情報」の名称を「避難準備・高齢者等避難開始」に、「避難指示」を「避難指示(緊急)」にそれぞれ改めた。

【 2017年03月28日 23時39分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー独1部、酒井高フル出場
      ハンブルガーSV

      20171216000031

       【メンヘングラッドバッハ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉..... [ 記事へ ]

      経済

      会社員が駄菓子屋や料理店開業 ユニーク副業広がる

      20171216000025

       企業に勤めながら別の仕事で収入を得る副業が注目を集めている。京都でも、会社員が駄菓子屋..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼損前の法隆寺金堂壁画、実物大写真で再現 京都で特別展

      20171215000194

       美術印刷の老舗「便利堂」(京都市中京区)の創業130周年特別展「至宝をうつす」が16日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      ペルー大統領、失職の危機
      汚職疑惑で議会に罷免決議案

      20171216000034

       【サンティアゴ共同】南米ペルーからの報道によると、同国議会(130議席)の複数の会派は..... [ 記事へ ]