出版案内
福祉事業団

手話発祥の地、京都から理解と普及へ 市、発信を強化

 京都市は、手話の理解と普及を図り、手話で情報を得られる機会を広げるための推進方針をまとめた。2017年度からの3年間に、市や市議会のホームページを活用してイベントや災害関連を含めた情報発信を強化し、手話を学ぶ講座の拡充に取り組むとした。

 京都市では1878(明治11)年、耳や目の不自由な子どもらが通う国内初の教育機関「京都盲唖(もうあ)院」が開設され、日本の手話発祥の地とされる。昨年4月の手話言語条例施行を受け、市が推進方針をまとめた。

 市のホームページでは、手話に関するコーナーを新設する。イベントや災害の情報に加え、動画を活用し、聴覚障害の特性、手話通訳者の仕事、手話サークルを紹介する。

 手話講座では、中途失聴者や家族らが手話を学びやすくなるよう、要約筆記を併用して学べるコースを新たに始める。

 手話による情報発信を拡充するため、市議会のインターネット中継で手話通訳を導入する。観光に関しても、簡単な会話を載せた手話イラスト集をつくり、観光事業者に配布する。

 市障害保健福祉推進室は「条例が目指す、手話による自由なコミュニケーションが保障される社会に向けて、具体的な取り組みを積み重ねていきたい」としている。

【 2017年04月13日 14時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      白鵬、横綱在位が最長に
      新番付、平幕Vの栃ノ心が関脇へ

      20180226000008

       日本相撲協会は26日、大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]