出版案内
福祉事業団

京都府内の170病院、耐震6割 5年連続最下位

 京都府内の170病院のうち、全ての建物が国の耐震基準を満たす施設は6割にとどまり、2割以上が耐震診断を実施していないことが、厚生労働省の2016年病院耐震改修状況調査で明らかになった。京都府の耐震化率は都道府県別で5年連続の最下位となり、災害時に命を守る拠点で備えの進んでいない現状が浮き彫りとなっている。

 国は08年以降、東日本大震災があった11年を除き毎年調査を実施しており、京都府は12年から都道府県別の耐震化率で最下位が続く。今回は昨年9月時点の状況を尋ね、全国計8464病院から回答を得た。

 府内の病院のうち、「全ての建物に耐震性がある」と回答したのは60・0%。前年より1・6ポイント改善したが、全国の71・5%を下回った。耐震化率が最も高かったのは滋賀県(57病院)の89・5%だった。

 府内で耐震診断を「実施していない」としたのは23・5%。「一部の建物に耐震性がある」は14・7%で「全ての建物に耐震性がない」も1・8%あった。約1割の病院が、震度6強程度の地震で崩壊が懸念される建物があるとした。

 府医療課によると、特に京都市内の耐震化率が約5割と低く、担当者は「高さ規制の影響で規模を維持して建て替えるためには面積を広げなければならないが、土地確保が難しい」と話す。人口当たりの病床数が多く、国の補助を受ける際に病床削減を求められるケースがあることも耐震化の遅れにつながっているとし、府は本年度、独自の補助制度を検討する。

 厚労省の調査では、東日本大震災により岩手、宮城、福島県の病院計380カ所のうち300カ所が全壊か一部損壊し、45カ所で被災直後に外来患者の受け入れができなくなった。

【 2017年04月15日 08時47分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      五輪、ラグビーW杯組織委が協定
      大会の成功へ連携

      20170426000138

       2020年東京五輪・パラリンピックとラグビーの19年ワールドカップ(W杯)日本大会の両..... [ 記事へ ]

      経済

      ヤフー、初の減益決算
      売上高は20期連続増収

      20170426000119

       ヤフーが26日発表した2017年3月期連結決算は、純利益が前期比20・4%減の1365..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      草間彌生さんら京都のメイン行事に 日中韓交流イベント

      20170426000070

       2月に開幕した日中韓交流イベント「東アジア文化都市2017京都」(京都市、同実行委主催..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      野外のコウノトリふ化、島根
      特別天然記念物、ひな1羽確認

      20170426000123

       島根県雲南市教育委員会は26日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市内で育ててい..... [ 記事へ ]

      国際

      金正恩氏が攻撃演習視察
      軍創建記念で過去最大規模

      20170426000048

       【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大..... [ 記事へ ]