出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

青酸連続殺害で裁判員8割辞退  京都地裁、6人を選任

 京都府向日市の男性らに青酸化合物を服用させたなどとされる連続殺人事件で、殺人罪3件と強盗殺人未遂罪の計4件で起訴された筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の選任手続きが2日、京都地裁(中川綾子裁判長)であった。過去最多となる920人の候補者から、裁判員6人と補充裁判員6人が選任された。長期審理の影響などから、昨年の全国の辞退率64・7%を大きく上回る約8割が辞退した。

 最高裁によると、これまで選定候補者数の最多は、広島県江田島市のカキ養殖加工会社で2013年に社長ら9人が殺傷された事件の裁判(広島地裁)が865人だった。

 在任期間は、今月26日の初公判から11月7日の判決まで135日間。裁判員裁判制度開始から3月末までで、2番目の長さで、開廷回数は計48回。呼び出し状を送った人数は、過去最多の586人に上ったが、仕事や介護、病気などを理由に413人が事前に辞退していた。

 選任手続きは午後1時20分に始まり、約3時間半で終了した。出席した86人は事件の概要などについての説明を受けたほか、死刑求刑が予想される事件であることから、死刑制度に対する賛否や精神的負担を問う質問にも答えたという。

 選ばれなかった京都市の会社員男性(20)は量刑判断などについて「もし選ばれていたら心理的負担はあったと思うが、裁判員を務めてみたかったので残念」と話した。

 当日に辞退が認められた綾部市の事務員女性(41)は「地裁までの距離が遠く、通うのが負担だった」と話し、「職場の人員が少ないうえに夏休みにも重なるで参加は難しかった。選ばれず安心した」と胸をなで下ろしていた。

【 2017年06月02日 22時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大谷翔平、25日に4度目先発
      敵地で覇者アストロズ戦

      20180424000028

       【ヒューストン共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平(23)は2..... [ 記事へ ]

      経済

      早や田植え、極早生「ハナエチゼン」 滋賀の田んぼ、8月収穫

      20180424000035

       近畿有数の早場米の産地として知られる滋賀県高島市今津町で23日、極早生(ごくわせ)の品..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山でアユ味わって 6月「若鮎祭」、塩焼き千人分用意

      20180424000029

       京都市右京区の嵐山公園(中之島公園)で6月14日午前10時半から午後1時まで、焼きたて..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      南北首脳会談「成果期待できる」 韓国議員が立命大でシンポ

      20180423000169

       北朝鮮問題をテーマにしたシンポジウムが23日、京都市北区の立命館大で開かれた。27日に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発審査対応で複数社員違法残業
      日本原電東海第2、是正勧告

      20180423000179

       日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の再稼働と最長20年の運転延長に関する原子力規制委..... [ 記事へ ]

      国際

      国賓のマクロン仏大統領が訪米
      イラン核合意協議へ

      20180424000010

       【ワシントン共同】フランスのマクロン大統領は23日、トランプ米大統領が就任後初めて迎え..... [ 記事へ ]