出版案内
福祉事業団

「麻酔ミス」母子に重度障害 京都、産婦人科を提訴

 帝王切開の麻酔のミスで昨年5月、妊婦の女性(38)と長女(1)が重度の障害を負ったとして、女性の夫(37)と両親らが、京都府京田辺市の「ふるき産婦人科」を相手取り、計約3億3千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしたことが、6日までに分かった。女性は首から下が動かず意思疎通も困難な重度障害となり、長女は現在も意識不明で、脳性まひなどを負ったという。

 訴状などによると、女性は妊娠中から同医院で定期検診を受け、帝王切開で出産することになった。「無痛分娩」と呼ばれる出産方法と同じで、脊髄を保護する硬膜の外側に細い管(カテーテル)を差し込んで麻酔薬を注入する硬膜外麻酔を受けた。

 だが、女性は容体が急変し、呼吸不全で一時心肺停止となり、蘇生後脳症になったという。救急搬送先の宇治市内の総合病院で帝王切開して産まれた長女も低酸素脳症で、脳性まひや呼吸機能障害を負ったという。

 夫側は、「硬膜に麻酔すべきところを、漫然とクモ膜下下腔に麻酔薬を注入させ全脊髄麻酔の状態を招いた過失があった」とし、気道確保や他の病院への搬送が遅れるミスなどを主張し、逸失利益や慰謝料、介護費用などを求めている。

 5月にあった第1回口頭弁論で医院側は、請求棄却を求めた。ふるき産婦人科の古木和彦院長は、事務員らを通じて、「裁判中なのでコメントできない」とした。

 日本産婦人科医会によると、同会には会員の医師から重大事故を年ごとに報告してもらう制度がある。同事故に関しては昨年の発生だが、報告はなかった。同会として事故があったことは先週までに把握しており今後、対応を検討するという。

【 2017年06月06日 12時59分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      楽4―8オ(20日)
      金子が12勝目

      20170920000245

       オリックスが快勝した。三回に安達の適時打で1点を先制。4―1の七回にロメロの3ラン、八..... [ 記事へ ]

      経済

      電柱わしづかみ、地中にグサリ JR西が新車両開発

      20170920000202

       大型のアーム(腕)で電柱をわしづかみにし、そのまま地中に差し込める専用車両「電柱ハンド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ネット犯罪から子ども守れ 京都府警がPTA指導

      20170920000199

       子どもを狙ったインターネットの犯罪について考える講座が20日、京都市中京区の京都アスニ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞予想に宮坂氏を選定
      次世代太陽電池を開発

      20170920000235

       米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、将来ノーベル賞を受賞する可能性が高い研..... [ 記事へ ]

      国際

      共同活動は観光・養殖優先
      北方領土でサハリン首相

      20170920000219

       【ユジノサハリンスク共同】北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のシェルビナ首相..... [ 記事へ ]