出版案内
福祉事業団

「違法許さぬ」民泊新法成立 自治体の独自裁量が課題

 住宅に有料で客を泊める「民泊」の営業基準を定めた民泊新法(住宅宿泊事業法)が9日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。京都市が国に要望している規制強化の面では、分譲マンションで「民泊禁止」を可能にする方針を政府が示すなど一定の前進があったが、自治体の条例でどこまで規制が可能かはなお不透明で、課題を積み残した。

 現行の法制度で宿泊事業を営む場合は、衛生基準の厳しい旅館業法による許可が必要だが、民泊新法は届け出で営業できる。年間営業日数は180日以下で、都道府県や政令指定都市などが地域の実情に応じ、条例で日数を制限できる。旅館業では許可されない住居専用地域でも認められる。

 京都市は観光振興と暮らしの安心を両立すべきだとして、マンションなどの集合住宅や、家主が住んでいない物件での民泊を禁止するよう国に求めている。国会審議を通じて、管理組合が民泊禁止を規約に明記した分譲マンションは営業できない方針を政府が示したが、賃貸マンションで禁止するのは難しいとみられる。

 また、家主不在型で外国人宿泊者の身元を確認する場合、政府は遠隔操作のカメラなど情報通信機器を活用してパスポートなどをチェックするとしたが、国会審議では犯罪やテロの温床となる危険性、感染症対策に不安の声も出た。

 一方、無許可営業の違法民泊に関しては、大手仲介サイト「エアー・ビー・アンド・ビー」の登録物件の多くが違法だとして、厳格な対応を求める声が国会審議で相次いだ。京都市内でも同社サイトに約5千件が掲載されているが、市は大半が違法民泊として、サイトからの削除要請や市民からの苦情を伝えているものの、改善されないという。

 詳しい制度運用は今後、政省令やガイドラインで定められる。法成立を受けて門川大作市長はコメントで「違法な民泊の排除を実効性あるものにするには、これからが大事。政省令などで地域独自のルールが定められ、実効性が確保できるよう、引き続き国へ強く要請する。市民生活を脅かす違法民泊は断じて許さない」と強調した。

【 2017年06月10日 08時18分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      幼い頃からライバル、京都の2人活躍誓う 男子フィギュア

      20171019000061

       世界のトップ選手が集う日本男子フィギュアスケート界で、京都ゆかりの同級生2人が奮闘して..... [ 記事へ ]

      経済

      えとウイスキーの生産ピーク
      サントリー、いぬ年ボトル

      20171019000058

       サントリースピリッツ(東京)は19日、来年のえとのいぬをモチーフにした陶製ボトル入りウ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ねねの生涯、闇夜に浮かぶ 京都・高台寺で夜間点灯

      20171018000165

       京都市東山区の高台寺で21日から秋の夜間特別拝観が始まるのを前に、方丈前庭に映像を投影..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]

      国際

      共産党、規律違反153万人処分
      中国、過去5年に

      20171019000069

       【北京共同】中国の楊暁渡監察相は19日、北京で記者会見し、習近平指導部が発足して以降の..... [ 記事へ ]