出版案内
福祉事業団

庁舎予定地は災害警戒区域 大津市、計画見直しも

大津市が新庁舎建設を予定している旧国有地。見直しを含めて計画を再検討する(大津市御陵町)
大津市が新庁舎建設を予定している旧国有地。見直しを含めて計画を再検討する(大津市御陵町)

 大津市は11日、市役所に隣接する旧国有地に新庁舎を建設する計画案について、見直しを含め再検討する方針を明らかにした。予定地は土砂災害警戒区域に指定されており、来年3月に庁舎整備基本方針をまとめる中で、危機管理上、適切な立地か判断する。3億円超で取得した土地を庁舎に活用しない可能性が出てきた。

 庁舎整備について、市は本館は免震工法で改修し、別館を解体して新棟を建設する方針を決めていた。ただ、県が昨年3月、旧国有地を土砂災害警戒区域に指定。別館にある中消防署は災害時対応に不安があるとして、既に別の移転先を探している。

 再検討の方針は、市議会総務委員会の中で市側が示した。現状の計画案をベースにしながらも、市側は「同警戒区域になり、旧国有地が新棟を建てる最適地か慎重に検討したい」と述べた。市によると、新庁舎を旧国有地に建設しないことも選択肢に入る。

 庁舎整備の基本方針策定業務をコンサルタント会社に226万円で委託。旧国有地の現状把握や庁舎を建てない場合の土地活用パターンを探り、基本方針で複数の庁舎整備案を示す。

 委員会では、市議から「庁舎整備が完了するのはいつか」と質問があったが、市側は「基本方針、その後の整備計画をまとめる中でスケジュールが見える」と述べるにとどめた。

 旧国有地は7464平方メートルで市役所の北側にあり、市が昨年11月に3億4300万円で取得した。汚染土壌や埋設物があり、市は来年9月までに除去工事を行う。

【 2017年07月11日 22時30分 】

ニュース写真

  • 大津市が新庁舎建設を予定している旧国有地。見直しを含めて計画を再検討する(大津市御陵町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      Rマドリードが決勝進出
      サッカークラブW杯

      20171214000011

       【アブダビ共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第4日は13日、アブダビで準決勝..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 ジェイ・エス・ビー

      20171214000031

      ■管理戸数増で増収増益 主力の不動産賃貸管理事業は、取り扱い物件戸数の増加や高水準の入居..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      全身で念仏、揺れる僧侶 京都・六波羅蜜寺

      20171214000030

       平安時代中期に京都で念仏を広めた僧空也ゆかりの「空也踊躍(ゆうやく)念仏」が13日、京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最古の首長竜、絶滅逃れる
      ドイツの2億年前の地層

      20171214000009

       「首長竜」と呼ばれる海の大型爬虫類プレシオサウルス類の最古の化石を見つけたと、東京大や..... [ 記事へ ]

      国際

      「エルサレム首都」拒否
      イスラム諸国が首脳会議

      20171213000195

       【イスタンブール共同】イスラム協力機構(OIC)は13日、トルコ最大都市イスタンブール..... [ 記事へ ]