出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

庁舎予定地は災害警戒区域 大津市、計画見直しも

大津市が新庁舎建設を予定している旧国有地。見直しを含めて計画を再検討する(大津市御陵町)
大津市が新庁舎建設を予定している旧国有地。見直しを含めて計画を再検討する(大津市御陵町)

 大津市は11日、市役所に隣接する旧国有地に新庁舎を建設する計画案について、見直しを含め再検討する方針を明らかにした。予定地は土砂災害警戒区域に指定されており、来年3月に庁舎整備基本方針をまとめる中で、危機管理上、適切な立地か判断する。3億円超で取得した土地を庁舎に活用しない可能性が出てきた。

 庁舎整備について、市は本館は免震工法で改修し、別館を解体して新棟を建設する方針を決めていた。ただ、県が昨年3月、旧国有地を土砂災害警戒区域に指定。別館にある中消防署は災害時対応に不安があるとして、既に別の移転先を探している。

 再検討の方針は、市議会総務委員会の中で市側が示した。現状の計画案をベースにしながらも、市側は「同警戒区域になり、旧国有地が新棟を建てる最適地か慎重に検討したい」と述べた。市によると、新庁舎を旧国有地に建設しないことも選択肢に入る。

 庁舎整備の基本方針策定業務をコンサルタント会社に226万円で委託。旧国有地の現状把握や庁舎を建てない場合の土地活用パターンを探り、基本方針で複数の庁舎整備案を示す。

 委員会では、市議から「庁舎整備が完了するのはいつか」と質問があったが、市側は「基本方針、その後の整備計画をまとめる中でスケジュールが見える」と述べるにとどめた。

 旧国有地は7464平方メートルで市役所の北側にあり、市が昨年11月に3億4300万円で取得した。汚染土壌や埋設物があり、市は来年9月までに除去工事を行う。

【 2017年07月11日 22時30分 】

ニュース写真

  • 大津市が新庁舎建設を予定している旧国有地。見直しを含めて計画を再検討する(大津市御陵町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      前田は3回2/3を3失点
      カブス戦

      20180620000023

       ▽カブス―ドジャース(19日・シカゴ) ドジャースの前田は先発して3回2/3を5安打3失..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大企業、BCP対応生かす 大阪北部地震で

      20180620000040

       18日に大阪府北部で発生した地震を受け、京都の大手企業は、事前に策定していた事業継続計..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]

      国際

      米、国連人権理からの離脱表明
      イスラエル偏見と批判

      20180620000005

       【ワシントン共同】ヘイリー米国連大使は19日、国連人権理事会(理事国47カ国)について..... [ 記事へ ]