出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「円滑な輪」空から見た光跡 滋賀のラウンドアバウト

宵闇の交差点に車のライトやテールランプが軌跡を描く(6月20日午後7時半、2秒間露光した写真8枚を合成)=小型無人機から 
宵闇の交差点に車のライトやテールランプが軌跡を描く(6月20日午後7時半、2秒間露光した写真8枚を合成)=小型無人機から 

 四方から走ってきた車のライトの光跡が、中央で円を描く。滋賀県守山市立田町の信号機のない環状交差点「ラウンドアバウト」。停止飛行した小型無人機で撮影した8枚の写真を重ねると、滑らかに行き交う車の流れが宵闇に浮かび上がった。

 ラウンドアバウトは、2014年9月施行の改正道路交通法で通行ルールが定められた。時計回りの一方通行で、環道を走る車両に優先権がある。交錯が少なく事故が減るとされる。停電による信号機の障害の心配がなく災害時にも強い。

 立田町の交差点で、14年に社会実験を実施、15年4月に滋賀県内でいち早く運用を始めた。

 守山市によると、交差点に出入りする速度が低下するなど、安全性の向上を確認。現地での出合い頭の事故は、09年から導入までの5年間で9件あったが、導入後は6月末までゼロという。

 近くに住む山元秋枝さん(63)は、「最初は不思議な形やと思ったけど、譲り合う精神で気分がいい」と喜ぶ。県内各自治体でも「円滑な輪」の導入に向けた検討が進んでいる。

【 2017年07月14日 17時00分 】

ニュース写真

  • 宵闇の交差点に車のライトやテールランプが軌跡を描く(6月20日午後7時半、2秒間露光した写真8枚を合成)=小型無人機から 

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本陸上200m、飯塚と福島V
      110障害の金井ら日本新

      20180624000066

       ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は24日、山口市の維新み..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発事故の除染進展強調
      中川環境相、日中韓会合で

      20180624000059

       【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相による全体会合が24日、中国江蘇省蘇州で開かれ、中川雅..... [ 記事へ ]

      国際

      李元総統、沖縄で慰霊祭に出席
      台湾人戦争犠牲者を追悼

      20180624000076

       沖縄県を訪問中の台湾の李登輝元総統(95)が24日、糸満市の平和祈念公園で、太平洋戦争..... [ 記事へ ]