出版案内
福祉事業団

醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

京都市営地下鉄の駅別1日乗客数
京都市営地下鉄の駅別1日乗客数

 2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、ホテル開業が相次いだ烏丸通沿いの駅は20~40%増えた一方、醍醐駅(伏見区)だけ乗客数が減少した。同駅周辺の老朽化した市営住宅で、高齢化や空き家の増加が進んでいることが一因とみられる。好調な京都観光の影響が大きい市内中心部と、郊外の差が浮き彫りになった。

 市交通局が経営再建の計画を策定した09年度と、増客目標を達成した16年度で1日当たり乗客数を比べると、駅周辺にホテル開業が相次いだ五条駅は21・7%、九条駅は40・6%増えた。二条城や市美術館での集客イベントの強化、市動物園のリニューアル効果もあり、16年度の各施設の来場者は09年度比でそれぞれ6万~37万人増えた。最寄り駅では二条城前駅814人(23%)、東山駅1348人(16・6%)、蹴上駅822人(19%)増加した。

 また、同志社大の文系学部が回帰した今出川駅は29・2%増、京都学園大キャンパスが近くに開設された太秦天神川駅も51・7%増えた。

 一方、醍醐駅は179人(2・8%)減った。市交通局が、国勢調査から醍醐駅周辺4学区の人口の合計を調べた結果、10年度の2万3千人から15年度は2万2千人に1千人減っており、「乗客数減少に影響した」とみる。1975年入居開始の市営醍醐中山団地は1179人が住み、65歳以上が約45%。空き部屋は総戸数の21%と、10年間で倍増した。地元自治会や市と連携協定を結んだ京都橘大(山科区)の学生が3部屋に入居しているが、抜本的な解決には至っていない。

 市都市計画局は「どんどん建て替えるのは財政的に厳しく、他局と連携して地域活性化を考えたい」としている。

【 2017年07月22日 22時52分 】

ニュース写真

  • 京都市営地下鉄の駅別1日乗客数
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      中日、松坂大輔投手の獲得検討
      プロ野球、ソフトバンク退団

      20171218000210

       プロ野球の中日が、ソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松坂大輔投手(37)の獲得..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、副業推奨せず
      本業に影響、管理難しく

      20171218000200

       経団連の榊原定征会長は18日の記者会見で、政府が働き方改革の一環として副業や兼業の普及..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]

      国際

      オーストリア右派連立内閣発足
      首相31歳、世界最年少首脳

      20171219000003

       【ウィーン共同】オーストリア中道右派、国民党と右派、自由党の連立内閣が18日、発足した..... [ 記事へ ]