出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

京都市営地下鉄の駅別1日乗客数
京都市営地下鉄の駅別1日乗客数

 2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、ホテル開業が相次いだ烏丸通沿いの駅は20~40%増えた一方、醍醐駅(伏見区)だけ乗客数が減少した。同駅周辺の老朽化した市営住宅で、高齢化や空き家の増加が進んでいることが一因とみられる。好調な京都観光の影響が大きい市内中心部と、郊外の差が浮き彫りになった。

 市交通局が経営再建の計画を策定した09年度と、増客目標を達成した16年度で1日当たり乗客数を比べると、駅周辺にホテル開業が相次いだ五条駅は21・7%、九条駅は40・6%増えた。二条城や市美術館での集客イベントの強化、市動物園のリニューアル効果もあり、16年度の各施設の来場者は09年度比でそれぞれ6万~37万人増えた。最寄り駅では二条城前駅814人(23%)、東山駅1348人(16・6%)、蹴上駅822人(19%)増加した。

 また、同志社大の文系学部が回帰した今出川駅は29・2%増、京都学園大キャンパスが近くに開設された太秦天神川駅も51・7%増えた。

 一方、醍醐駅は179人(2・8%)減った。市交通局が、国勢調査から醍醐駅周辺4学区の人口の合計を調べた結果、10年度の2万3千人から15年度は2万2千人に1千人減っており、「乗客数減少に影響した」とみる。1975年入居開始の市営醍醐中山団地は1179人が住み、65歳以上が約45%。空き部屋は総戸数の21%と、10年間で倍増した。地元自治会や市と連携協定を結んだ京都橘大(山科区)の学生が3部屋に入居しているが、抜本的な解決には至っていない。

 市都市計画局は「どんどん建て替えるのは財政的に厳しく、他局と連携して地域活性化を考えたい」としている。

【 2017年07月22日 22時52分 】

ニュース写真

  • 京都市営地下鉄の駅別1日乗客数
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      卓球韓国OP、北朝鮮選手初登場
      16人を派遣

      20180717000049

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まり、..... [ 記事へ ]

      経済

      米アマゾンで接続障害
      特売イベントで利用集中か

      20180717000014

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販のアマゾン・コムは16日、米市場向けのサイトで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新選組供養祭、ファンら参列 京都・壬生寺

      20180717000053

       江戸時代末期に反幕府勢力の取り締まりのため京都で結成された新選組らの慰霊供養祭が16日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア、W杯ボールをプレゼント
      プーチン氏がトランプ米大統

      20180717000029

       【ヘルシンキ共同】「大統領、このボールを差し上げます」。ヘルシンキで米ロ首脳会談を終え..... [ 記事へ ]