出版案内
福祉事業団

醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

京都市営地下鉄の駅別1日乗客数
京都市営地下鉄の駅別1日乗客数

 2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、ホテル開業が相次いだ烏丸通沿いの駅は20~40%増えた一方、醍醐駅(伏見区)だけ乗客数が減少した。同駅周辺の老朽化した市営住宅で、高齢化や空き家の増加が進んでいることが一因とみられる。好調な京都観光の影響が大きい市内中心部と、郊外の差が浮き彫りになった。

 市交通局が経営再建の計画を策定した09年度と、増客目標を達成した16年度で1日当たり乗客数を比べると、駅周辺にホテル開業が相次いだ五条駅は21・7%、九条駅は40・6%増えた。二条城や市美術館での集客イベントの強化、市動物園のリニューアル効果もあり、16年度の各施設の来場者は09年度比でそれぞれ6万~37万人増えた。最寄り駅では二条城前駅814人(23%)、東山駅1348人(16・6%)、蹴上駅822人(19%)増加した。

 また、同志社大の文系学部が回帰した今出川駅は29・2%増、京都学園大キャンパスが近くに開設された太秦天神川駅も51・7%増えた。

 一方、醍醐駅は179人(2・8%)減った。市交通局が、国勢調査から醍醐駅周辺4学区の人口の合計を調べた結果、10年度の2万3千人から15年度は2万2千人に1千人減っており、「乗客数減少に影響した」とみる。1975年入居開始の市営醍醐中山団地は1179人が住み、65歳以上が約45%。空き部屋は総戸数の21%と、10年間で倍増した。地元自治会や市と連携協定を結んだ京都橘大(山科区)の学生が3部屋に入居しているが、抜本的な解決には至っていない。

 市都市計画局は「どんどん建て替えるのは財政的に厳しく、他局と連携して地域活性化を考えたい」としている。

【 2017年07月22日 22時52分 】

ニュース写真

  • 京都市営地下鉄の駅別1日乗客数
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      五輪あと千日の記念商品
      組織委、28日に合わせて発売

      20171018000105

       2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京・原宿の公式ライセンス商品シ..... [ 記事へ ]

      経済

      乳酸菌飲料ピルクル42万個回収
      日清ヨーク、味に違和感

      20171018000099

       日清食品ホールディングス傘下の日清ヨーク(東京)は18日、乳酸菌飲料「ピルクル」の味が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      父・幽雪を追善、「桧垣」初演へ 片山九郎右衛門

      20171018000086

       質実にして気品漂う至芸で、京の能楽界を率いた観世流シテ方の片山幽雪(1930~2015..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]

      国際

      スペイン、州自治権停止を準備
      カタルーニャ独立問題

      20171018000101

       【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で、一方的な「独立宣言」を撤回す..... [ 記事へ ]