出版案内
福祉事業団

本田さん血液から青酸成分検出 京都、連続殺人公判

 京都府向日市などの高齢男性4人に青酸化合物を服用させたなどとされる連続殺人事件で、殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の公判は、31日に始まった内縁の夫の本田正徳さん=当時(71)、大阪府貝塚市=への殺人罪の審理が午後も京都地裁(中川綾子裁判長)で引き続き行われた。大阪府警科学捜査研究所の職員が、本田さんの血液から致死量を超える青酸成分が検出されたことを明らかにした。

 本田さんは2012年3月9日に死亡した当時、病死と判断された。だが、13年12月以降に一連の事件が発覚し、翌年5月に大阪府警科捜研の職員が保存されていた血液などを鑑定した結果、血液と胃の内容物から青酸成分を検出したという。

 起訴状などによると、本田さんは死亡直前に貝塚市の喫茶店で青酸化合物入りのカプセルなどを被告から飲まされ、直後に約2キロ先の路上をバイクで走行中に青酸中毒に陥り、搬送先で死亡した、とされる。

 119番した女性は証人尋問で、本田さんのバイクが「止まるような速度で走り、植え込みに倒れた」と説明。駆けつけると意識はなく、吐いたりけいれんしたりしていたという。

 午前中の冒頭陳述で検察側は、本田さんの生前に「全財産を(被告に)遺贈する」との公正証書が作成され、死亡保険金の受け取り人が被告に変更されたほか、被告が、親族に婚約者と紹介された後も複数の男性と見合いし交際した▽死亡翌日に金庫の開錠業者を呼んだ▽数カ月で遺産の大半を受け取った-などとして「遺産取得をあらかじめ画策していた」と述べた。

 弁護側は病死の可能性を挙げ、「青酸化合物を飲ませたことはなく、直前に一緒にいたことが明らかな証拠はない」と無罪を主張した。その上で、事件当時は既に認知症だったとして、責任能力や訴訟能力も争う姿勢を示した。

 裁判は殺人罪3件と強盗殺人未遂罪の計4件を事件ごとに審理している。本田さんの事件は2件目で、8月7日に被告人質問、9日に中間論告と弁論がある。

【 2017年07月31日 23時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      元若嶋津、少しずつ快方に
      湊川親方明かす、反応も

      20171020000053

       19日に千葉県船橋市の市道で倒れているところを発見され、頭部の手術を受けた大相撲の元大..... [ 記事へ ]

      経済

      トランプ政権、税制改革へ前進
      上院が予算決議案可決

      20171020000060

       【ワシントン共同】米議会上院は19日、中期的な財政の大枠を定める2018会計年度(17..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      時代祭で「出陣の舞」初披露 京都の児童、22日に

      20171020000074

       京都市右京区の葛野学区の子どもたちが、時代祭のある22日朝、地元から時代行列に参加する..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オーケストラ演奏、迫力に児童魅了 京都の小学校

      20171020000056

       東京佼成(こうせい)ウインドオーケストラ(東京都杉並区)の芸術鑑賞会が19日、京都府長..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      インド首都の大気汚染が本格化
      祭の花火規制も効果薄く

      20171020000085

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーで、秋から冬にかけて深刻となる大気汚染が本..... [ 記事へ ]