出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

障害者のコミュニケーション確保へ条例案 京都・綾部市、府内初

 京都府綾部市は、障害者のコミュニケーション手段を保障する条例案の内容を固めた。手話言語に関する条例は京都市などが制定しているが、要約筆記や点字、音訳など障害者の多様なコミュニケーション手段を保障する条例は京都府内で初となる見込みという。12月定例市議会に提案し、来春の施行を目指す。

 「手話言語の確立及び多様なコミュニケーション手段の促進に関する条例」。手話を独立した言語に位置付けるとともに、さまざまな手段を活用し、障害者のコミュニケーション環境の充実を図り、共生社会の実現を目指す。

 条例案では、手話を独立した言語とするなど、障害に応じた多様なコミュニケーション手段を活用するように市が取り組み、市民や事業所に協力を促す。

 市の責務としては、人材確保や相談支援体制の確立などの環境整備▽市民や事業者への学習機会の提供▽適切な窓口対応できるよう市職員への研修▽学校の活動への支援-を挙げる。市民や事業者には市施策への協力と必要なサービスの提供と配慮を促している。

 制定に向け、市は昨年11月、障害者団体や福祉関係団体の代表8人による委員会を設置し、内容を検討してきた。市は条例案をホームページで公開しており、15日まで市民意見を募っている。

【 2017年08月10日 09時56分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      エンゼルス大谷は1安打2得点
      アストロズ戦

      20180723000029

       ▽エンゼルス―アストロズ(22日・アナハイム) エンゼルスの大谷は「5番・指名打者」で出..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官「保護主義でない」
      G20の結束強調

      20180723000015

       【ブエノスアイレス共同】ムニューシン米財務長官は22日、20カ国・地域(G20)財務相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・伊根にサイクリング休憩施設 丹後初、愛車の整備も

      20180723000026

       サイクリングの愛好家が休憩や自転車の整備などに活用できる施設「エイドステーション」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]

      国際

      米ロ会談、50%が否定的
      米世論調査、トランプ大統領反発

      20180723000014

       【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は22日、2016年米大統領選のロシア介..... [ 記事へ ]