出版案内
福祉事業団

民進代表選、前原氏と枝野氏激突 ともに改憲論争からは距離

 民進党代表選に立候補を表明している前原誠司元外相(衆院京都2区)と枝野幸男元官房長官(衆院埼玉5区)の基本政策が出そろった。野党共闘やエネルギー政策をめぐって両氏の主張の違いが鮮明となった。

 共産党などとの共闘について前原氏は「政策・理念の一致しない政党と協力するのは野合、選挙互助会とみられてもしょうがない」と否定的だ。選挙協力を盛り込んだ野党合意も、是非を含めた見直しを示唆している。

 前原氏は旧民主党時代から京都で共産と激しく競り合ってきた。共闘で保守層に支持が広がらないとの懸念があるとみられる。

 一方、野党共闘を当時の幹事長として主導した枝野氏は「自民党の議席を一つでも多く減らす目的をしっかり見据えれば、答えはおのずから出る」と継続に前向きな姿勢だ。野党合意に関して「公党間の約束を党の内部事情で覆せば、国民にも信用されなくなる」と訴える。

 党方針で「2030年代までに原発ゼロ」とされている「脱原発」をめぐり、前原氏は「あらゆる政策資源を投入して着実に実現する」とする。これに対し、枝野氏は「年内にも『原発ゼロ法案』をまとめる」と表明。支持団体・連合の反発で蓮舫代表が断念に追い込まれた実現時期の前倒しにも踏み込む。

 前原氏は教育無償化や福祉の行政サービス充実を増税などで実現する「中福祉中負担の安心を得られる社会」を主要政策に掲げる。このため消費税率の10%への引き上げは必要との考えだが、会見では「新執行部で対応を考える」とした。枝野氏は増税について「国民の理解を得なければ進められない」と反対する。消費税率10%の是非も「政府が明確にすべきだ」と言及を避けた。

 リベラル系の枝野氏、保守系の前原氏と、憲法をめぐるスタンスが異なる両氏だが、ともに安倍政権が進める改憲の動きからは距離を置く。枝野氏は「専守防衛を逸脱した集団的自衛権の一部行使容認を前提とした9条改訂とは徹底的に戦う」と強調。前原氏は9条に自衛隊を位置付ける「加憲」が持論だが、「安倍政権の拙速なスケジュールにはくみしない。最優先課題とも思っていない」とした。

【 2017年08月10日 12時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      平幕宝富士が9月の結婚を発表
      24歳の歯科助手と

      20171218000076

       大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江..... [ 記事へ ]

      経済

      JR北海道への支援、国に要請
      鉄道路線の維持で高橋知事

      20171218000074

       経営難に苦しむJR北海道の鉄道路線を維持するため、北海道の高橋はるみ知事は18日、石井..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      金融知識フル活用、守山高V エコノミクス甲子園滋賀大会

      20171218000025

       高校生が金融や経済の知識を競う「エコノミクス甲子園」の滋賀大会が17日、大津市のホテル..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]

      国際

      ホンジュラス、現職大統領が再選
      野党側抗議デモ激化か

      20171218000043

       【サンティアゴ共同】中米ホンジュラスの選挙管理当局は17日、11月26日に投開票された..... [ 記事へ ]