出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

広島の体験、放射能と核の恐怖訴え 京都で被爆男性講演

広島で被爆した経験を語る米澤さん(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)
広島で被爆した経験を語る米澤さん(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)

 広島市で米軍の原爆投下で被爆した米澤鐵志さん(83)=京都府宇治市=が12日、京都市下京区のひと・まち交流館京都で講演した。広島の無残な光景を目の当たりにした米澤さんは「核のない社会をつくらなければならない」と原爆の恐ろしさと平和の大切さを訴えた。

■母は9月に、母乳を飲んだ妹も死んだ

 講演会は市民団体アジェンダ・プロジェクト京都が開催中の憲法を考えるパネル展の一環。大学生ら約20人が参加した。

 米澤さんは、国民学校5年生だった1945年8月6日、疎開先の広島市郊外から中心部に出た際に、母親と一緒に満員の路面電車内で被爆した。

 その瞬間を「床にたたきつけられると、しばらくしてたくさんの血が流れてきた。電車の外に出ると真っ暗で、視界が開けると広島の街ががれきの山になっていた」と語った。避難していく中で「河原では皮膚が垂れ下がった中学生たちが川の水を飲んでいたが、力なく次々と流された。川には多くの死体が並んでいた」と振り返った。

 その後、米澤さんは髪の毛が抜け、激しい吐き気に襲われた。「同じ症状だった母親は9月に亡くなり、その母乳を飲んだ妹も死んだ。みんなにはいま一度放射能について真剣に考えてほしい」と求めた。

 パネル展は13日まで。午前10時~午後4時。13日午後1時半からは伏見区の村上敏明さんが旧満州からの引き揚げ体験を語る講演がある。無料。

【 2017年08月12日 23時25分 】

ニュース写真

  • 広島で被爆した経験を語る米澤さん(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      立命大、5-0で同大に快勝 関西学生野球

      20180525000193

       関西学生野球は25日、わかさスタジアム京都で「同立戦」など1回戦2試合を行い、すでに優..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      時代劇・朝ドラ、小道具担い100年 京都・高津商会の歴史

      20180525000098

       旗本退屈男、水戸黄門、必殺仕事人といった京都発の時代劇からNHK連続テレビ小説、「新婚..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]

      国際

      米ハリウッドの大物訴追
      女性暴行容疑で捜査当局

      20180525000202

       【ニューヨーク共同】米捜査当局は25日、女性2人に対する強姦や性的虐待などの容疑で、ハ..... [ 記事へ ]