出版案内
福祉事業団

特殊詐欺防げ、車内で啓発 滋賀観光バス

特殊詐欺被害防止に向けた説明を実演するバスガイド(大津市内)
特殊詐欺被害防止に向けた説明を実演するバスガイド(大津市内)

 滋賀県内で増えている特殊詐欺の被害を防ごうと、滋賀観光バス(甲賀市)はバスツアーの乗客を対象にガイドや添乗員が最新の犯罪手口や傾向を伝える取り組みを始める。車内のモニターで映像も流しながら、旅行を楽しむ高齢者らに防犯意識を高めてもらう。

 県警の要請を受けて実施する。すでに同社のバスガイドや添乗員約20人が県警の講習を受け、特殊詐欺被害の現状を学んだ。

 取り組み開始を記念した式典が大津市の県警本部であり、田畑太郎社長は「柔らかな女性の声で幅広い乗客に啓発し、1件でも県内から被害が減る一助になれば」とあいさつ。受講者代表のバスガイド榛葉和子さんが「旅行など楽しい生活が送れるよう、被害ゼロを目指して丁寧に説明したい」と決意表明した。

 県警によると、県内で今年7月末までに発生した特殊詐欺は97件(前年同期比14件増)、被害総額は約2億4330万円(同約1億1400万円増)で推移している。

【 2017年08月17日 08時06分 】

ニュース写真

  • 特殊詐欺被害防止に向けた説明を実演するバスガイド(大津市内)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      五輪マスコット、5千校超が投票
      締め切りまで、あと1カ月

      20180122000083

       2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選ぶ全国の小学校の学級単位の投票は..... [ 記事へ ]

      経済

      ピジョン、ベビーカーを無償交換
      1万1千台

      20180122000082

       ピジョンは22日、ベビーカー「ビングル」の一部で前輪が動きにくくなる可能性があるとして..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地名ゆかり「源平」テーマに展示 滋賀・栗東の博物館

      20180122000094

       滋賀県栗東市手原の地名の由来とされる「手孕(てはらみ)伝説」が登場する歌舞伎や浄瑠璃の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      ペンス副大統領、イスラエル訪問
      国会で米の首都認定説明へ

      20180122000011

       【エルサレム共同】ペンス米副大統領は21日夜、イスラエルに到着した。22日にネタニヤフ..... [ 記事へ ]