出版案内
福祉事業団

小学姉妹が「ヘアドネーション」 京都、医療用かつらに寄付

寄付用の髪を切った後、記念撮影する妹の白鳥さん(左)と、カットの準備をする姉の心花さん(中央)=京都市中京区
寄付用の髪を切った後、記念撮影する妹の白鳥さん(左)と、カットの準備をする姉の心花さん(中央)=京都市中京区

 子ども向けの医療用かつらを作るため毛髪を寄付する「ヘアドネーション」の活動が広がる中、京都市左京区の小学生姉妹が自分たちの髪の毛を寄付した。子どもは寄付に必要な31センチ以上の長さを確保しにくいこともあり、ヘアドネーションに取り組む例は少ないが、姉妹の母親は「誰でもできることを知ってほしい」と話す。

 同区のノートルダム学院小4年大塚心花(こはな)さん(9)と1年白鳥(しとり)さん(7)姉妹。数年前に家族でスイスに住んでいた際、毛髪を寄付する人に多数出会い、母あゆみさん(40)が「子どもでも、お金をかけなくても、誰かの役に立てることを知ってほしい」と、ヘアドネーションを目標に髪を伸ばすことを勧めてきた。

 心花さんは生まれてから一度も髪を切ったことがなく、白鳥さんも生後3カ月ごろに一度切っただけ。7月中旬に中京区の美容室を親子で訪れ、腰より長く伸びた髪を切った後、好みのスタイルに整えた。2人は「すっきりして軽くなった」と喜び、「夏休みの自由研究もこのテーマにする」と話した。

 美容室を営む佐合外士己(さごうとしき)さん(37)によると、佐合さんの店にも毎月20~30人が毛髪の寄付に訪れるという。子どもは全体の5%程度だが、「31センチ以上あれば問題ない」と佐合さん。ただ、ロングヘアのかつらを作るためには最低でも40~50センチの長さが必要という。

 美容室から受け取った毛髪を子ども用のかつらに加工して必要な人に無償提供している大阪市のNPO法人「JHD&C」(ジャーダック)によると、毛髪の寄付は近年増える一方で、かつらの製作や毛髪の処理に必要な資金は不足気味という。渡辺貴一代表理事は「髪の毛が集まるほど、資金もそれだけ必要になるのが実情。寄付金という形での協力があることも知ってもらえたら」と語る。

【 2017年08月17日 12時20分 】

ニュース写真

  • 寄付用の髪を切った後、記念撮影する妹の白鳥さん(左)と、カットの準備をする姉の心花さん(中央)=京都市中京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      日航がハワイアン航空と提携
      ドル箱路線、全日空からくら替え

      20170926000148

       日本航空は26日、米ハワイアン航空と包括的な業務提携契約を結んだと発表した。日本とハワ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      トルストイらの自筆書簡ずらり 京都外大が展示会

      20170926000133

       世界の歴史上の著名人による自筆資料と著作を集めた展示会「世界の軌跡を未来の英知に」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]

      国際

      拉致の松本京子さん結婚写真か
      韓国団体、日本に提供へ

      20170926000142

       1977年に北朝鮮に拉致されたと日本政府が認定した鳥取県米子市の松本京子さん=失踪当時..... [ 記事へ ]