出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

食品ロス減へ協議会設立 滋賀の飲食業関連団体など

 食べ残しや作りすぎなどで捨てられる食べ物を減らすため、滋賀県や県内の飲食業関連の団体などが18日、「県買い物ごみ・食品ロス削減推進協議会」を立ち上げた。食品ロス削減に取り組む飲食店などを応援する登録制度を創設するなどして運動を盛り上げる。

 協議会は、県内市町や有識者、小売り企業、飲食や宿泊関連の組合の代表者ら約40人で構成。マイバッグの持参によるレジ袋の削減などと併せ、県民には量り売りの利用や外食での頼みすぎの防止、食材の使い切りなどを呼び掛けていく。

 大津市の県庁で開かれた初会合では、食品ロス削減に取り組む飲食店や宿泊施設、スーパーを「三方よしフードエコ推奨店」として登録する制度を創設。量の少ないメニューの設定や完食者へのサービスに取り組む店舗、量り売りの実施や食品を使い切る調理法を紹介する食品小売店などを登録対象とし、PRグッズの提供などで支援をしていくことを確認した。

 一方で、飲食店での食べ残し解消策として広まりつつある持ち帰りの推奨は、衛生上の問題もあるため今後の検討課題とした。

【 2017年08月19日 08時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      日本人を枢機卿に任命
      前田大司教、6人目

      20180521000004

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命する..... [ 記事へ ]