出版案内
福祉事業団

乗り合いタクシー実証運行へ 大津、急坂でバスなし

 坂道が多く、路線バスが運行していない大津市の晴嵐台地域で10月から、予約利用するデマンド型乗り合いタクシーの実証運行が始まる。高齢者の移動手段の確保が課題となっており、1年後に地域による自主運行を目指す。

 晴嵐台は同市南郷4丁目と南郷上山町の地域。急勾配で狭い道が多く、路線バスは走っていない。住民は自家用車で移動することが多いが、南郷4丁目は高齢化率が34%に上り、運転ができない人もいる。地域住民や市は昨年度から、公共交通の導入に向けた協議を進めてきた。

 デマンド型タクシーは、大津市や市民団体、商工会などでつくる地域公共交通活性化協議会が交通事業者に委託する。予約があれば1時間に1本運行し、利用者の自宅から、南郷市民センターやスーパー「フレンドマート南郷店」を結び、周辺のバス路線との連絡や買い物にも利用できる。

 平日の午前9時から午後5時まで。料金は1回250円。実証運行は来年9月まで続け、料金収入で経費を賄えるか検証した上で、来年10月から地域住民の手で運営することを目標にする。

 住民でつくる晴嵐台地域公共交通検討協議会の宮地淳二会長(69)は「利用客が多ければ収支バランスが取れる。住民に周知していきたい」と話している。

【 2017年08月20日 17時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      協和発酵キリンの選手 京都の卓球愛好家らと交流会

      20171121000176

       卓球男子の協和発酵キリンの選手たちが20日、京都市南区の市障害者教養文化・体育会館で、..... [ 記事へ ]

      経済

      誂友禅の技競う 京都、新作85点ずらり

      20171121000159

       注文に応じてつくる誂(あつらえ)友禅染競技会の作品展が21日、京都市左京区のみやこめっ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      休館中の南座に巨大絵 顔見世の活気描く

      20171121000174

       耐震改修のため長期休館中の南座(京都市東山区)に21日、まねき看板など往年の顔見世興行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー抑制薬 京大、組み合わせ発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]

      国際

      「勝利宣言」は砂漠掃討後に
      イラク首相、対イスラム国で

      20171122000008

       【カイロ共同】イラクのアバディ首相は21日の記者会見で、過激派組織「イスラム国」(IS..... [ 記事へ ]