出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

野党共闘で違い鮮明 民進代表選、前原氏と枝野氏が会見

 民進党代表選(9月1日投開票)に立候補した前原誠司元外相(55)と、枝野幸男元官房長官(53)は21日、告示を受けた共同記者会見に臨んだ。両氏とも離党者続出を阻止しようと結束を訴え、安倍政権への対抗軸として「自己責任から支え合いの社会」を強調した。国政選挙での野党共闘や消費税増税を巡る考え方の違いが明確となり、論戦は本格的にスタートした。国会議員票で前原氏が優位に立ち、党員・サポーターや地方議員票の行方が焦点。

 共産党を含む野党共闘をめぐり、2人の候補者の見解が明確に分かれた。前原誠司元外相は「理念、政策が合わないところと協力するのはおかしい。(共闘の)是非について見直したい」と再考の必要性をあらためて示したのに対し、枝野幸男元官房長官は「主体性を持ちながらできることを最大限やる」と述べ、現執行部の方針を引き継ぐ姿勢を打ち出した。

 かつて共産を「シロアリみたいなもの」と批判した前原氏は、21日の記者会見で「政治家、政党の命は政策・理念。そこが一致することが大事だ。党が掲げる、私が掲げる政策に賛同していただければ幅広く協力する」と枠組みありきの共闘を強く否定した。

 民進や共産など野党4党は6月、次期衆院選を見据えて「できる限りの協力を行う」と確認したばかり。党内では共闘に批判的な議員の離党が続いており、前原氏は「野党第1党としてはすべての選挙区に候補者を立てることを原則としたい」とも述べた。

 一方、岡田克也代表時代に幹事長として共闘を進めてきた枝野氏は記者会見で、昨年7月の参院選を振り返り「幅広い市民との連携の中で野党の候補者を一本化し、成果を上げることができた」と評価した。

 政権選択となる衆院選での共闘は「困難が大きい」としながらも、「地域で頑張っている仲間を一人でも多く当選させ、今の政治の暴走に歯止めをかけることもわれわれの責任だ。主体性を守った中でどこまでできるか。最大限努力したい」と述べた。

【 2017年08月22日 08時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      陸上、山県が10秒05で優勝
      桐生3位、日本選手権

      20180623000141

       ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第2日は23日、山口市の維新み..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      自動運転中、安全要員動画視聴か
      米女性死亡事故で

      20180623000144

       【ロサンゼルス共同】米西部アリゾナ州で3月に試験走行中の自動運転車に歩行者がはねられ死..... [ 記事へ ]