出版案内
福祉事業団

「夢風車」撤去答申へ 滋賀・草津市、赤字膨張を懸念

草津市環境審議会で「撤去すべき」と結論づけられた「くさつ夢風車」(同市下物町)
草津市環境審議会で「撤去すべき」と結論づけられた「くさつ夢風車」(同市下物町)

 2014年4月から停止している風力発電施設「くさつ夢風車」(滋賀県草津市下物町)の今後の在り方について考える市環境審議会(会長・小林圭介県立大名誉教授)は22日、第2回会議を市役所で開き、赤字などを理由に「撤去すべき」と結論づけた。同審議会は9月に答申を橋川渉市長に提出し、市はパブリックコメント(意見公募)を経て年内に最終方針を決める。

 夢風車は再生可能エネルギーの普及啓発などを目的に、市が01年に設置した。稼働から5年間は黒字だったが、相次ぐ故障や風力不足により建設費を含む赤字は昨年度末で2億4600万円に膨らんだ。

 会議では市環境課が示していた「撤去」「再稼働」「利活用」の3案を振り返り、委員15人が意見を述べた。大多数が「さらなる赤字を増やしてはいけない」など撤去を望んだ。環境教育への効果を評価する声もあり、答申案に「夢風車が果たした役割を諸施策に引き継ぎ、一層の温暖化防止対策を展開されたい」との文言を盛り込むことを確認した。

 市環境経済部の竹村徹部長は「答申内容を尊重したい。撤去時期などは今後検討していく」と話した。

【 2017年08月22日 22時00分 】

ニュース写真

  • 草津市環境審議会で「撤去すべき」と結論づけられた「くさつ夢風車」(同市下物町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]