出版案内
福祉事業団

ドローンで捜索、被災状況を把握 京都・亀岡で総合防災訓練

ドローンを飛ばして上空から情報収集する訓練に取り組む参加者たち(京都府亀岡市保津町)
ドローンを飛ばして上空から情報収集する訓練に取り組む参加者たち(京都府亀岡市保津町)

 大規模災害を想定した亀岡市総合防災訓練が26日、京都府亀岡市保津町の保津川河川敷を本会場に市内一円で行われた。昨年4月に発生した熊本地震を踏まえ、車中泊の避難者支援や小型無人機ドローンを使った捜索、情報収集に初めて取り組んだ。

 市が府、消防、警察など関係機関と隔年で大掛かりに取り組んでいる。集中豪雨や地震による複合災害で浸水や土砂崩れ、家屋倒壊、火災が相次ぐ状況を想定し、各地域の消防団員らを含め総勢約2500人が参加した。

 ドローンを活用した情報収集の訓練では、市が今年6月に結んだ協定に基づき、ドローン撮影クリエイターズ協会(京都市)会員が本会場周辺で機体を飛ばした。撮影した映像は対策本部のモニターに送信され、山間部や交通網が寸断された地域の被災状況を把握する態勢を検証した。

 熊本地震では車中で寝泊まりする避難者の健康被害も相次いだため、亀岡市職員らは車内にいる人から名前や住所を聞き取り、支援物資の入手方法を伝える手順を確認。保健師は簡単な体操や水分補給などの指導をした。

 土砂災害で埋まった車の掘り起こしや、京都市消防局のヘリコプターを使っての救出訓練、京都中部総合医療センターの災害派遣医療チーム(DMAT)によるトリアージも行った。各自治会の参加者も初期消火や土のう作りに真剣な表情で取り組んでいた。

【 2017年08月27日 09時30分 】

ニュース写真

  • ドローンを飛ばして上空から情報収集する訓練に取り組む参加者たち(京都府亀岡市保津町)
  • 土砂に埋もれた車から搭乗者を救出する訓練をする消防団員たち
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ACL1次リーグ、川崎は2連敗
      柏は引き分け

      20180220000179

       【蔚山(韓国)共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は20日、各地で1..... [ 記事へ ]

      経済

      「深掘りした京都」提供 四条新町に新ホテル開業へ

      20180220000180

       3月1日に京都市中京区で開業するホテルインターゲート京都四条新町の内覧会が20日、現地..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      回る音響彫刻、初披露へ 京都で3月、ダンスと共演

      20180220000130

       1970年の大阪万博で展示された「音響彫刻」を基に、京都市立芸術大の学生たちが新たな音..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      住民が開く「寺子屋」好評 滋賀「学校と違う面白さ」

      20180220000092

       滋賀県湖南市内の住民組織「石部南学区まちづくり協議会」が同まちづくりセンター(同市石部..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、口内医療にAI活用構想
      がんや口内炎、虫歯の診療

      20180220000142

       大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内..... [ 記事へ ]

      国際

      英国でKFCが営業不能に
      鶏肉配送遅れで半数以上

      20180220000170

       【ロンドン共同】英国でファストフードのケンタッキーフライドチキン(KFC)が鶏肉の大規..... [ 記事へ ]