出版案内
福祉事業団

ドローンで捜索、被災状況を把握 京都・亀岡で総合防災訓練

ドローンを飛ばして上空から情報収集する訓練に取り組む参加者たち(京都府亀岡市保津町)
ドローンを飛ばして上空から情報収集する訓練に取り組む参加者たち(京都府亀岡市保津町)

 大規模災害を想定した亀岡市総合防災訓練が26日、京都府亀岡市保津町の保津川河川敷を本会場に市内一円で行われた。昨年4月に発生した熊本地震を踏まえ、車中泊の避難者支援や小型無人機ドローンを使った捜索、情報収集に初めて取り組んだ。

 市が府、消防、警察など関係機関と隔年で大掛かりに取り組んでいる。集中豪雨や地震による複合災害で浸水や土砂崩れ、家屋倒壊、火災が相次ぐ状況を想定し、各地域の消防団員らを含め総勢約2500人が参加した。

 ドローンを活用した情報収集の訓練では、市が今年6月に結んだ協定に基づき、ドローン撮影クリエイターズ協会(京都市)会員が本会場周辺で機体を飛ばした。撮影した映像は対策本部のモニターに送信され、山間部や交通網が寸断された地域の被災状況を把握する態勢を検証した。

 熊本地震では車中で寝泊まりする避難者の健康被害も相次いだため、亀岡市職員らは車内にいる人から名前や住所を聞き取り、支援物資の入手方法を伝える手順を確認。保健師は簡単な体操や水分補給などの指導をした。

 土砂災害で埋まった車の掘り起こしや、京都市消防局のヘリコプターを使っての救出訓練、京都中部総合医療センターの災害派遣医療チーム(DMAT)によるトリアージも行った。各自治会の参加者も初期消火や土のう作りに真剣な表情で取り組んでいた。

【 2017年08月27日 09時30分 】

ニュース写真

  • ドローンを飛ばして上空から情報収集する訓練に取り組む参加者たち(京都府亀岡市保津町)
  • 土砂に埋もれた車から搭乗者を救出する訓練をする消防団員たち
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大谷選手、契約金は2億6千万
      エンゼルスの上限額とAP通信

      20171214000069

       【ロサンゼルス共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムでの米大リーグ、エンゼルス..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 ジェイ・エス・ビー

      20171214000031

      ■管理戸数増で増収増益 主力の不動産賃貸管理事業は、取り扱い物件戸数の増加や高水準の入居..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大しめ縄飾り 京都・向日神社で事始め

      20171214000073

       迎春準備の「事始め」にあたる13日、京都府向日市向日町の向日神社で、氏子らがしめ縄を作..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最古の首長竜、絶滅逃れる
      ドイツの2億年前の地層

      20171214000009

       「首長竜」と呼ばれる海の大型爬虫類プレシオサウルス類の最古の化石を見つけたと、東京大や..... [ 記事へ ]

      国際

      メルケル首相、大連立へ協議開始
      第2党党首と会談、反対論も

      20171214000041

       【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は13日、自ら率いる第1党の保守、キリスト教民主・..... [ 記事へ ]