出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ヘビ型ロボくねくね、配管視覚化 京大開発、点検効率的に

松野教授(左から2人目)らが開発した配管内部をイメージ化できるヘビ型のロボット=京都市西京区・京都大桂キャンパス
松野教授(左から2人目)らが開発した配管内部をイメージ化できるヘビ型のロボット=京都市西京区・京都大桂キャンパス

 災害時などに工場の狭い配管に進入して形状をイメージ図として映し出せるヘビ型ロボットを、京都大工学研究科の松野文俊教授らが開発して29日、報道機関向けに公開した。配管の損傷した場所を正確に特定するなど、点検業務を効率化できるという。

 従来のヘビ型ロボットでは、狭く曲がった配管などでは操作が難しく、外から見えない内部の状況を把握することはできなかった。

 試作機は直径約10センチで長さ約2メートル。20節に分かれたパーツ間の関節を柔らかくすることで、曲がった管でもスムーズに進める。前部にあるカメラで周辺を撮影し、損傷などを点検できる。

 後部に設置したマイクロホンでは、管の入り口に置いたスピーカーから発した音を感知し走行距離を測定する。さらにロボットの姿勢を感じ取るセンサーで管の曲がり方を把握。コンピューター上で、入り口から進んだルートをイメージ化することが可能となった。

 災害時だけでなく、日常の点検にも活用できるという。松野教授は「今後、防水防じん機能などを備え、実際に活用できるようにしたい」と話している。

【 2017年08月29日 23時04分 】

ニュース写真

  • 松野教授(左から2人目)らが開発した配管内部をイメージ化できるヘビ型のロボット=京都市西京区・京都大桂キャンパス
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      J1鳥栖入りFトレスに地元歓声
      ユニホーム姿を披露

      20180716000076

       J1鳥栖入りした元スペイン代表FWフェルナンドトレスが16日、佐賀市内で開催された歓迎..... [ 記事へ ]

      経済

      日本の工芸品、京都三条にショールーム 職人.com

      20180716000078

       日本の工芸品を扱うオンラインストア「職人.com」(京都市上京区)は、中京区のSACR..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      イケメン学生バンドが2枚目シングル 京都発、現役大学生中心

      20180716000056

       京都の現役大学生を主体にしたバンド「Qyoto」(キョウト)が、2枚目のシングル「It..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]

      国際

      ラグビー日本代表マフィ選手保釈
      同僚に暴行容疑、来月に尋問

      20180716000049

       【シドニー共同】遠征先のニュージーランドで同僚選手に暴行した疑いで拘束されたスーパーラ..... [ 記事へ ]