出版案内
福祉事業団

BMX15歳中村輪夢、東京五輪で飛べ! 「メダルを」父も応援

BMXのショーで華麗なジャンプを見せる中村輪夢選手(6月3日、千葉市)Red Bull Media House
BMXのショーで華麗なジャンプを見せる中村輪夢選手(6月3日、千葉市)Red Bull Media House

 2020年東京五輪の新種目に採用された自転車競技のBMXフリースタイル・パークで、京の若手ライダーが飛躍を期す。中村輪夢(りむ)選手(15)=京都市右京区。選手だった父親の影響でBMXを始め、ジュニアの国際大会も制した。「いろんな技ができるようになって、五輪でメダルを取りたい」と笑顔を見せる。

 165センチと小柄で、日本人トップのジャンプ力が持ち味。高さを生かして高難度の技を繰り出す。「360度トリプルバースピン」は、横に1回転しながらハンドルを3周回す技で、日本人で成功させたのは中村選手だけという。「新技に挑戦する時は怖さはあるが、それを乗り越えた時にうれしい」と目を輝かせる。

 元BMX選手で専門店を経営する父親の辰司さん(42)の影響で、3歳から乗り始めた。小学生から年代別の大会で勝ち続け、2015年には米国の「RECON TOUR」(13~15歳クラス)で優勝した。BMXに専念するため、今春に西京極中を卒業して、通信制の京都つくば開成高に進学。大手飲料メーカーなどのスポンサーも獲得し、今季からシニアクラスでの活動を本格化させている。

 「輪夢」は、辰司さんが自転車の部品名から名付けた。「ゴルフのキャディーみたいな役割」と、自分の経験を基に長男をサポートしてきた。京都に適当な練習場所がないため、毎週のように三重県や兵庫県の施設へ出向く。「憧れられるヒーローになってほしい」と願う。

 6月に五輪種目への採用が発表された。中村選手は「まったく予想していなかった」と驚きつつ、「BMXを知ってもらえるきっかけになると思う」と語る。9月にカナダで行われる国際大会が試金石となる。海外勢とは練習環境に差があるが、「それを言い訳にせずに勝つことで、自分の力を証明できる」と力強い。頂点は、高いジャンプのその先にある。

【 2017年08月31日 17時00分 】

ニュース写真

  • BMXのショーで華麗なジャンプを見せる中村輪夢選手(6月3日、千葉市)Red Bull Media House
  • BMXフリースタイル・パークでオリンピック出場を目指す中村輪夢選手(京都市右京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      スピードW杯、小平奈緒2種目V
      女子最多

      20171117000185

       【スタバンゲル(ノルウェー)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は17..... [ 記事へ ]

      経済

      米テスラ、電動トラック発表
      時速400キロの新型車も

      20171117000119

       【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは16日、同社として初の商用車..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ICOM京都大会プレ大会、舞鶴市に決定通知 19年9月開催

      20171117000121

       来年9月30日に京都府舞鶴市での開催が決まった2019年のICOM(国際博物館会議)京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      小池都知事、喫煙厚労省案を批判
      「やる気あるのか」

      20171117000161

       東京都の小池百合子知事は17日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正を巡り、厚生労働省..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの大物マフィアが死亡
      「ボスの中のボス」

      20171117000164

       【ローマ共同】イタリア南部シチリア島の大物マフィアとして知られ、「ボスの中のボス」と恐..... [ 記事へ ]