出版案内
福祉事業団

脊髄損傷のデザイナー、作品続々 京都、「人の喜びが原動力」

あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)
あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)

 脊髄損傷のために入院中の男性が、名刺などの印刷物のデザイナーとして活躍している。肩から下が不自由なためほぼ寝たきりだが、病床にパソコンを設置してあごでマウスを操作、受け取った人に喜ばれるデザインを次々と生み出している。

 野瀬時貞さん(20)=京都市東山区。小学生のころから鳴滝総合支援学校(京都市右京区)に在籍、6年生の時に脊髄損傷と診断された。高等部3年の時に実習で訪れた伏見区の就労支援事業所「福祉工房P&P」で印刷物作成の現場に刺激を受け、デザイナーを志すように。入院が必要なため通所型の就労支援事業所の利用は難しく、支援学校卒業後の2015年4月からは、P&Pのスタッフが手弁当で月に3回、入院先の宇多野病院(右京区)を訪れてはパソコンを使ったデザインやアニメーション作成を指導している。

 現在、より高度な技術を学ぶ傍ら、P&Pの専属デザイナーとして工房の仕事を請け負う。さらに、主治医や支援学校の教員には自ら営業活動を行って名刺の受注にも成功。似顔絵を描いてほしいといった細かな注文もマウスを駆使して応じている。

 顧客や工房スタッフらの反応からデザイン力の向上も実感しているといい、野瀬さんは「自分の仕事で誰かが喜んでくれることが、次の仕事に向かう原動力になっている。今後はキャラクターデザインを極めたい」と話す。

 ボランティアで携わるP&Pの岡村俊裕事務長は「府のアビリンピック(障害者技能競技大会)で2度にわたって銀賞を受賞するなどすばらしい才能の持ち主。今後はもっと複雑な仕事も積極的にお願いしたい」と期待を寄せている。

【 2017年09月09日 17時00分 】

ニュース写真

  • あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      スキー複合に渡部兄弟、永井ら
      20日の個人ラージヒルに出場

      20180219000136

       【平昌共同】ノルディックスキー複合で20日に行われる個人ラージヒルの出場選手が19日、..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ、テストコースに3千億円
      山岳路模し19年4月一部完

      20180219000129

       トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は19日、愛知県豊田市と岡崎市にまたがる山間地に造る大型テ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      グンゼ創業者鶴吉の生涯、社員と市民熱演 没後100年で

      20180219000057

       繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)が23日で没後100年を迎える..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      契約は慎重、相談早め 京都、高校生が悪徳商法の対応学ぶ

      20180219000059

       卒業を控えた高校3年生を対象に、契約に関わるトラブルや悪徳商法の被害を防ぐための教室が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電、玄海3号機の燃料装填公開
      安全性アピール

      20180219000128

       九州電力は19日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けた核燃料の装填作業を報道..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ米大統領夫妻にすきま風
      離婚巡り世論を二分

      20180219000114

       【ワシントン共同】トランプ米大統領(71)の過去の不倫疑惑が相次いで浮上し、メラニア夫..... [ 記事へ ]