出版案内
福祉事業団

脊髄損傷のデザイナー、作品続々 京都、「人の喜びが原動力」

あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)
あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)

 脊髄損傷のために入院中の男性が、名刺などの印刷物のデザイナーとして活躍している。肩から下が不自由なためほぼ寝たきりだが、病床にパソコンを設置してあごでマウスを操作、受け取った人に喜ばれるデザインを次々と生み出している。

 野瀬時貞さん(20)=京都市東山区。小学生のころから鳴滝総合支援学校(京都市右京区)に在籍、6年生の時に脊髄損傷と診断された。高等部3年の時に実習で訪れた伏見区の就労支援事業所「福祉工房P&P」で印刷物作成の現場に刺激を受け、デザイナーを志すように。入院が必要なため通所型の就労支援事業所の利用は難しく、支援学校卒業後の2015年4月からは、P&Pのスタッフが手弁当で月に3回、入院先の宇多野病院(右京区)を訪れてはパソコンを使ったデザインやアニメーション作成を指導している。

 現在、より高度な技術を学ぶ傍ら、P&Pの専属デザイナーとして工房の仕事を請け負う。さらに、主治医や支援学校の教員には自ら営業活動を行って名刺の受注にも成功。似顔絵を描いてほしいといった細かな注文もマウスを駆使して応じている。

 顧客や工房スタッフらの反応からデザイン力の向上も実感しているといい、野瀬さんは「自分の仕事で誰かが喜んでくれることが、次の仕事に向かう原動力になっている。今後はキャラクターデザインを極めたい」と話す。

 ボランティアで携わるP&Pの岡村俊裕事務長は「府のアビリンピック(障害者技能競技大会)で2度にわたって銀賞を受賞するなどすばらしい才能の持ち主。今後はもっと複雑な仕事も積極的にお願いしたい」と期待を寄せている。

【 2017年09月09日 17時00分 】

ニュース写真

  • あごで操作できる特製のマウスを使って「福祉工房P&P」の名刺をつくる野瀬さん(京都市右京区・宇多野病院)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大谷選手、契約金は2億6千万
      エンゼルスの上限額とAP通信

      20171214000069

       【ロサンゼルス共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムでの米大リーグ、エンゼルス..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 ジェイ・エス・ビー

      20171214000031

      ■管理戸数増で増収増益 主力の不動産賃貸管理事業は、取り扱い物件戸数の増加や高水準の入居..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大しめ縄飾り 京都・向日神社で事始め

      20171214000073

       迎春準備の「事始め」にあたる13日、京都府向日市向日町の向日神社で、氏子らがしめ縄を作..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最古の首長竜、絶滅逃れる
      ドイツの2億年前の地層

      20171214000009

       「首長竜」と呼ばれる海の大型爬虫類プレシオサウルス類の最古の化石を見つけたと、東京大や..... [ 記事へ ]

      国際

      メルケル首相、大連立へ協議開始
      第2党党首と会談、反対論も

      20171214000041

       【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は13日、自ら率いる第1党の保守、キリスト教民主・..... [ 記事へ ]