出版案内
福祉事業団

先斗町火災1年、教訓を冊子に 京都、発生や防災活動つづる

先斗町で昨年発生した飲食店火災の当時の状況やその後の防災活動についてまとめた冊子
先斗町で昨年発生した飲食店火災の当時の状況やその後の防災活動についてまとめた冊子

 京都市中京区の先斗町まちづくり協議会は、昨年7月に発生した飲食店火災やその後の地域の防火・防災活動を振り返る冊子「このまち-先斗町-」を作った。火災を教訓に、まちづくりに取り組む住民や関係者の思いがつづられている。

 冊子はA5判(横)約70ページ。同協議会長や地元の自主防災会長の他、警察、消防、市の関係者計15人が寄稿し、火災時や防火・防災活動の様子をモノクロ写真で掲載した。発生時の様子をはじめ、地元と警察、消防、区で昨年10月に発足した「先斗町このまち守り隊」の活動、11月に実施した火災予防検証訓練を取り上げた。

 寄稿文では火災発生時、狭い通りで避難誘導が大変だった点や、延焼拡大の可能性が高い木造密集地でいかに初期消火や避難誘導が重要かを指摘。訓練で、数多い路地のどこから避難できるのか、応援に来た消防分団が分からずに戸惑いが生じていた-など課題も明記した。活動を通じて、「私たちらしいまちを自分たちで作り上げていく」「連携の絆を強められるよう努力していきたい」など決意も記している。

 編集委員長の植南草一郎さん(50)は「守り隊発足でまちづくりへの意識も高まった。路地は私道ではあるが防災面からも重要で、いかに残し使いやすくしていくかが課題」と話す。1700部作成し、関係機関に配った。

【 2017年09月11日 19時50分 】

ニュース写真

  • 先斗町で昨年発生した飲食店火災の当時の状況やその後の防災活動についてまとめた冊子
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー浦和、5位決定戦を制す
      クラブW杯

      20171213000005

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は1..... [ 記事へ ]

      経済

      IOC委員、東北3県食材に舌鼓
      公式夕食会で

      20171212000220

       2020年東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会を迎え、大..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      プロデューサー今野勉さんに蓮如賞 東本願寺で授賞式

      20171212000202

       優れたノンフィクション作品をたたえる「第15回蓮如賞」(本願寺文化興隆財団主催)の授賞..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]

      国際

      米朝のバスケット試合を計画
      ロッドマン氏、来年2月

      20171213000001

       【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元..... [ 記事へ ]