出版案内
福祉事業団

先斗町火災1年、教訓を冊子に 京都、発生や防災活動つづる

先斗町で昨年発生した飲食店火災の当時の状況やその後の防災活動についてまとめた冊子
先斗町で昨年発生した飲食店火災の当時の状況やその後の防災活動についてまとめた冊子

 京都市中京区の先斗町まちづくり協議会は、昨年7月に発生した飲食店火災やその後の地域の防火・防災活動を振り返る冊子「このまち-先斗町-」を作った。火災を教訓に、まちづくりに取り組む住民や関係者の思いがつづられている。

 冊子はA5判(横)約70ページ。同協議会長や地元の自主防災会長の他、警察、消防、市の関係者計15人が寄稿し、火災時や防火・防災活動の様子をモノクロ写真で掲載した。発生時の様子をはじめ、地元と警察、消防、区で昨年10月に発足した「先斗町このまち守り隊」の活動、11月に実施した火災予防検証訓練を取り上げた。

 寄稿文では火災発生時、狭い通りで避難誘導が大変だった点や、延焼拡大の可能性が高い木造密集地でいかに初期消火や避難誘導が重要かを指摘。訓練で、数多い路地のどこから避難できるのか、応援に来た消防分団が分からずに戸惑いが生じていた-など課題も明記した。活動を通じて、「私たちらしいまちを自分たちで作り上げていく」「連携の絆を強められるよう努力していきたい」など決意も記している。

 編集委員長の植南草一郎さん(50)は「守り隊発足でまちづくりへの意識も高まった。路地は私道ではあるが防災面からも重要で、いかに残し使いやすくしていくかが課題」と話す。1700部作成し、関係機関に配った。

【 2017年09月11日 19時50分 】

ニュース写真

  • 先斗町で昨年発生した飲食店火災の当時の状況やその後の防災活動についてまとめた冊子
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      「そだねー」で好感度アップ
      露出拡大のカーリング

      20180222000080

       五輪効果でカーリング人気が高まっている。日本の男子はベスト4入りを逃したが、女子は準決..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値234円安
      米経済に不安、売り膨らむ

      20180222000075

       22日の東京株式市場は、米国の市場や経済の動向を不安視して売り注文が膨らみ、日経平均株..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      一休寺納豆の仕込み、写真に 京都・一休寺で展覧会

      20180222000056

       一休禅師が製法を伝えたとされ、酬恩庵一休寺(京都府京田辺市薪)で代々作られてきた「一休..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大きな鼻は男らしさの証し
      テングザル調査、京大

      20180222000017

       てんぐのような鼻を持つテングザルは、鼻が大きく長いほど繁殖能力が高いとみられ、体格も良..... [ 記事へ ]

      国際

      崖下にバス転落、44人死亡
      南米ペルー

      20180222000008

       【リオデジャネイロ共同】南米ペルーからの報道によると、南部アレキパ近郊で21日未明、2..... [ 記事へ ]