出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都御苑、外国人ドローンに苦慮 無許可飛行が急増

絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)

 飛行禁止区域と知らずに外国人が観光地などで撮影のために小型無人機「ドローン」を飛ばして問題となるケースが、京都市内で相次いでいる。訪日客に法律が十分に伝わっていないのが現状で、無許可飛行が目立つ京都御苑(上京区)では、管理事務所や上京署が、英語で案内板を設置するなど対応に追われている。

 上京署によると、御苑内で確認された無許可飛行は昨年は1件だったが、今年は10件に急増した。特定できた操縦者のうち7人は外国人で、同署は20日までに航空法違反容疑で、カナダ人の女性(24)を書類送検した。近く、スペイン人ら4人も同容疑で書類送検する方針。

 特定できた外国人操縦者はいずれも「飛行禁止とは知らなかった」と説明したという。御苑には、皇族が滞在する京都御所や外国の要人らを受け入れる京都迎賓館がある。無許可飛行の増加を受け、上京署はテロ対策の面からも、日本語と英語、中国語の3カ国語でドローンの使用禁止を呼び掛けるチラシを作製し、区内の宿泊施設などに配った。御苑の管理事務所は、絵文字や英語で飛行禁止を伝える看板を設置し、8月から英語による園内放送で注意を呼び掛けている。

 改正航空法では、京都市中心部の大半は、飛行が禁止された人口密集地にあたる。清水寺(東山区)は、英語や中国語の看板などで飛行禁止を訴えているが、年に3、4件は無許可飛行が確認されるという。担当者は「多くは外国人。境内の外から飛ばされるケースもあり、対応には限界がある」と話す。

 ドローンの規制を担当する国土交通省航空局は、訪日外国人向けのホームページやポスターで、国内の利用禁止区域について周知徹底を図っているといい、「地元自治体などと連携し、適正な利用を呼び掛けたい」としている。

【 2017年09月21日 09時27分 】

ニュース写真

  • 絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      米女子ゴルフ、畑岡2位と好発進
      上原、野村は79位

      20180623000041

       【ロジャーズ(米アーカンソー州)共同】米女子ゴルフのアーカンソー選手権は22日、アーカ..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株9日ぶり反発
      119ドル高、石油株主導

      20180623000012

       【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都府立大と宇治市が連携協定 地域振興や人材育成を目指す

      20180623000048

       京都府宇治市と京都府立大(京都市左京区)が22日、連携協力協定を結んだ。相互交流を活発..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさに「クイーン」も注目
      小惑星「りゅうぐう」接近に祝

      20180623000008

       【ワシントン共同】探査機はやぶさ2が捉えた小惑星「りゅうぐう」の画像に、英ロックバンド..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]