出版案内
福祉事業団

京都御苑、外国人ドローンに苦慮 無許可飛行が急増

絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)

 飛行禁止区域と知らずに外国人が観光地などで撮影のために小型無人機「ドローン」を飛ばして問題となるケースが、京都市内で相次いでいる。訪日客に法律が十分に伝わっていないのが現状で、無許可飛行が目立つ京都御苑(上京区)では、管理事務所や上京署が、英語で案内板を設置するなど対応に追われている。

 上京署によると、御苑内で確認された無許可飛行は昨年は1件だったが、今年は10件に急増した。特定できた操縦者のうち7人は外国人で、同署は20日までに航空法違反容疑で、カナダ人の女性(24)を書類送検した。近く、スペイン人ら4人も同容疑で書類送検する方針。

 特定できた外国人操縦者はいずれも「飛行禁止とは知らなかった」と説明したという。御苑には、皇族が滞在する京都御所や外国の要人らを受け入れる京都迎賓館がある。無許可飛行の増加を受け、上京署はテロ対策の面からも、日本語と英語、中国語の3カ国語でドローンの使用禁止を呼び掛けるチラシを作製し、区内の宿泊施設などに配った。御苑の管理事務所は、絵文字や英語で飛行禁止を伝える看板を設置し、8月から英語による園内放送で注意を呼び掛けている。

 改正航空法では、京都市中心部の大半は、飛行が禁止された人口密集地にあたる。清水寺(東山区)は、英語や中国語の看板などで飛行禁止を訴えているが、年に3、4件は無許可飛行が確認されるという。担当者は「多くは外国人。境内の外から飛ばされるケースもあり、対応には限界がある」と話す。

 ドローンの規制を担当する国土交通省航空局は、訪日外国人向けのホームページやポスターで、国内の利用禁止区域について周知徹底を図っているといい、「地元自治体などと連携し、適正な利用を呼び掛けたい」としている。

【 2017年09月21日 09時27分 】

ニュース写真

  • 絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バレーのプレミアL、21日開幕
      NEC柳田「攻撃生かす」

      20171020000116

       バレーボールのプレミアリーグは21日に女子がゼビオアリーナ仙台で、男子が東京体育館で開..... [ 記事へ ]

      経済

      西室泰三氏の死去を東芝が公表
      お別れの会を予定

      20171020000093

       東芝は20日、東芝や日本郵政で社長を務めた西室泰三氏が14日午後8時50分、老衰のため..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      三重の専修寺、国宝に
      重要文化財に松殿山荘など6件

      20171020000128

       国の文化審議会は20日、日本の代表的な近世寺院建築とされる専修寺(津市)の御影堂と如来..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オーケストラ演奏、迫力に児童魅了 京都の小学校

      20171020000056

       東京佼成(こうせい)ウインドオーケストラ(東京都杉並区)の芸術鑑賞会が19日、京都府長..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      インド首都の大気汚染が本格化
      祭の花火規制も効果薄く

      20171020000085

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーで、秋から冬にかけて深刻となる大気汚染が本..... [ 記事へ ]