出版案内
福祉事業団

解散へ与党に意欲、野党は批判 京都・滋賀の議員

 安倍晋三首相が臨時国会冒頭での衆院解散を表明した25日、京都、滋賀選出の与党の衆院議員は「勝てるタイミング」と政治決戦に意欲を見せた。一方、野党は「身勝手な解散」と厳しく批判した。

 自民党の田中英之氏(京都4区)は「政党支持率が戻りつつあり良いタイミングだ。ただ景気回復の実感は足りず、厳しい声もある」と気を引き締める。首相が消費税増税分を子育て支援の拡充に充てる考えを示したことに「次世代の育成に光を当てる政策への転換は大歓迎だ」と評価した。

 安藤裕氏(比例近畿)は「政府支出を拡大するという首相の考えには賛成だ。手応えを感じている」と述べ、武村展英氏(滋賀3区)は「北朝鮮情勢は経済制裁でますます悪化することが予想される。安倍政権がやりたいことを実現するために良いタイミングという政治判断があったのだろう」と理解を示した。

 民進党の泉健太氏(京都3区)は「選挙に有利だという考えに基づく『自己都合解散』だ。北朝鮮情勢や働き方改革など、臨時国会での重要案件の審議を飛ばすのは立法府の軽視だ」と批判。首相が社会保障の充実を掲げたことに「党代表選で前原誠司氏が訴えた政策を恥じることなく横取りするのは、総理としていかがか」と皮肉った。

 北神圭朗氏(比例近畿)は「離党者が相次ぐ民進党のすきに乗じた解散だ。北朝鮮情勢が緊迫したこの時期に解散するべきではなく、首相には加計学園問題の追及を避ける意図があるのだろう」と指摘した。

 共産党の穀田恵二氏(同)は「野党の臨時国会召集要求を逆手に取った暴挙であり、森友、加計学園疑惑を隠す『党利党略解散』だ。国民の怒りを結集し、市民と野党の共闘で安倍政権を倒すチャンスにしたい」と語気を強めた。

【 2017年09月25日 23時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、Bミュンヘンが2勝目
      マンU、バルサなど3連勝

      20171019000007

       【ミュンヘン共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は18日、各地で1次リーグ..... [ 記事へ ]

      経済

      京セラ、鹿児島の工場増強へ データ処理で半導体需要増

      20171018000140

       京セラは18日、半導体や液晶パネルの製造装置に使う部品を生産する国分工場(鹿児島県霧島..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ねねの生涯、闇夜に浮かぶ 京都・高台寺で夜間点灯

      20171018000165

       京都市東山区の高台寺で21日から秋の夜間特別拝観が始まるのを前に、方丈前庭に映像を投影..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境負荷軽減、企業が技術PR 滋賀、びわ湖メッセ開幕

      20171019000017

       環境産業の総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2017」が18日、滋賀県長浜市田村町の..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア女性司会者が大統領選出馬
      プーチン氏の元上司の娘

      20171019000013

       【モスクワ共同】ロシアの女性テレビ司会者で、プーチン政権批判を続けてきたクセーニヤ・サ..... [ 記事へ ]