出版案内
福祉事業団

米軍、事前通知せず射撃訓練 京都・福知山、防衛局は謝罪

4回目の実弾射撃訓練を終えて陸上自衛隊福知山射撃場を出る米軍関係者ら(福知山市天田)
4回目の実弾射撃訓練を終えて陸上自衛隊福知山射撃場を出る米軍関係者ら(福知山市天田)

 米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)の軍人・軍属が26日、陸上自衛隊福知山射撃場(福知山市天田)で、4回目の実弾射撃訓練を行った。これまで3回の訓練時には、防衛省近畿中部防衛局が府や福知山市に事前通知をしたが、今回は福知山市に連絡せず、同局は「事務的なミス」として市に謝罪した。

 訓練は、同通信所の軍人らの射撃資格更新のため、日米地位協定に基づく日米共同利用の米軍施設として昨年11月、始まった。これまで同局は、騒音調査などを行う際に府と市、地元の室自治会へ数日前に米軍訓練実施を連絡。府や市の職員が近隣の住宅など3カ所で、調査や訓練内容を確認してきた。

 この日は午前8時50分、米軍人・軍属約30人が同射撃場に到着。府職員と住民らが見守ったが、住民が市に問い合わせたところ、防衛省からの連絡を受けていないことが分かった。

 同防衛局によると、22日までに府と室自治会には連絡したが、市へは「複数の担当者間で連携が不足し、連絡したと思い込んでいた」などとし、担当者が市役所で謝罪した、という。訓練は同日9時45分から午後3時15分までで終了した。

 福知山市市長公室は「市民の安心安全のため、市職員が訓練時の騒音調査に立ち会ってきた。今後、このようなことがないよう強く申し入れた」としている。

 実弾訓練に抗議活動を続ける市民団体「福知山平和委員会」の水谷徳夫代表(68)は「交通事故や射撃場での事故などの緊急事態も想定される。市民は市を頼りにするしかなく、連絡がないのは問題だ」と話した。

【 2017年09月26日 23時50分 】

ニュース写真

  • 4回目の実弾射撃訓練を終えて陸上自衛隊福知山射撃場を出る米軍関係者ら(福知山市天田)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      エンゼルス大谷、2月14日始動
      MLBがキャンプ日程発表

      20180118000085

       【ニューヨーク共同】米大リーグ機構は17日、各球団の春季キャンプ日程を発表し、エンゼル..... [ 記事へ ]

      経済

      高橋頭取「人や店舗スリム化図る」 滋賀銀行

      20180118000061

       2018年の経済が動き始めた。京都、滋賀を代表する企業トップは、景気や市場の先行きをど..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ボタン鍋やポトフ…ジビエ料理堪能を 20日からフェア

      20180118000079

       主に京都府内産のシカやイノシシを使ったジビエ(野生鳥獣肉)料理を提供する「森の京都ジビ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早く春、児童ら歓喜 京都の公立高付属中で合格発表

      20180117000161

       京都府内の各公立高付属中で17日、2018年度入試の合格発表が行われた。4月に開校する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      人体の医療利用に警鐘 <変わる生の形・脳死の倫理>

      20180117000147

       患者とドナー遺族、医師-。脳死と臓器移植に関わるそれぞれの思いを聞いてきた。脳死を扱う..... [ 記事へ ]

      国際

      ネルソン提督の英国旗が落札
      ロンドンで競売、4500万円

      20180118000068

       【ロンドン共同】ナポレオンの英国侵攻を食い止めた1805年のトラファルガー海戦で、英艦..... [ 記事へ ]