出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

冷蔵庫に“命のバトン” 滋賀、持病や連絡先記入し保管

命のバトンを手にする冨岡さん(滋賀県甲賀市信楽町長野)
命のバトンを手にする冨岡さん(滋賀県甲賀市信楽町長野)

 高齢者や障害者の緊急時に備えようと、滋賀県甲賀市信楽町の民生児童委員らが2010年から始めた「命のバトン」に注目が集まっている。持病や常備薬、家族の連絡先などを書いた紙をプラスチックの筒に入れて冷蔵庫に保管する取り組みで、各地から視察もある。

 必要とする約2500世帯全てに配っており、同町民生児童委員協議会の冨岡正義会長(76)=長野=は「東京都港区などの事例を参考にしたが、全戸配布は信楽が全国初」としている。

 同町の高齢化率は33・5%(17年8月末現在)で市平均の26・3%より高く、独居世帯も多い。命のバトンは個人情報保護法に対応しようと、冨岡会長の発案で導入した。

 けがや病気による救急搬送や、災害などで避難所生活が必要となった場合の活用を想定している。救急隊員が患者の情報を素早く、正確に知ることができ、冷蔵庫に保管するため災害時になくなる可能性が低いという。過去には、独居の女性が体調を崩した際、親族へすぐ連絡できた事例もあった。

 取り組みは市全域や県内外の他市町にも広がり、信楽には年5件ほど視察がある。27日には岡山県赤磐市の民生児童委員らが訪問し、「緊急時に1本で役立つのは簡便で魅力的。導入の方向で考えたい」と話していた。

 冨岡会長は「バトンを渡すことを通じて交流でき、住民に助け合いの意識も広がっている」としている。

【 2017年09月30日 11時30分 】

ニュース写真

  • 命のバトンを手にする冨岡さん(滋賀県甲賀市信楽町長野)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本陸上200m、飯塚と福島V
      110障害の金井ら日本新

      20180624000066

       ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は24日、山口市の維新み..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発事故の除染進展強調
      中川環境相、日中韓会合で

      20180624000059

       【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相による全体会合が24日、中国江蘇省蘇州で開かれ、中川雅..... [ 記事へ ]

      国際

      李元総統、沖縄で慰霊祭に出席
      台湾人戦争犠牲者を追悼

      20180624000076

       沖縄県を訪問中の台湾の李登輝元総統(95)が24日、糸満市の平和祈念公園で、太平洋戦争..... [ 記事へ ]