出版案内
福祉事業団

学内投票所、設置見送り相次ぐ 衆院選、準備間に合わず

昨夏の参院選で、校内に設けられた期日前投票所で投票する高校生(2016年7月7日、木津川市兜台・南陽高)
昨夏の参院選で、校内に設けられた期日前投票所で投票する高校生(2016年7月7日、木津川市兜台・南陽高)

 18歳以上に選挙権年齢が引き下げられた昨夏の参院選で京都府内でも2市の大学や高校に期日前投票所が設けられたが、今回の衆院選は設置の見送りが相次いでいる。「突然の解散で準備が間に合わなかった」ことが理由だが、滋賀県の2市は「若者の投票率向上に効果がある」などとして継続を決めており、判断が分かれた。府内では投票率低下を心配する声も上がる。

 京都市選管は参院選で、龍谷大深草キャンパス(伏見区)に2日間、期日前投票所を設置した。二重投票を防ぐため、投票する有権者の氏名、住所、生年月日を電話で市選管に伝え、パソコンでチェックした。しかし、確認に時間がかかった上、選挙後に「住所が同じで氏名も似ている双子がいればミスをする恐れがある」との声が庁内から出て、確認方法の見直しを検討している最中の衆院解散だった。

 市選管は「424人の利用者がいたが、学生の利用は40人にとどまり、大型商業施設の方が利便性が良いとの意見も出た。結論が出ないまま解散を迎えてしまった」という。

 参院選で南陽、木津の2高に設けた木津川市選管も断念した。参院選ではテスト最終日の1日間だけ設置したが、今回は授業期間で場所や立会人の確保が難しいと判断した。担当者は「校内に投票所があることにより、選挙への関心が高まった。効果は大きかったので残念。投票率が下がるかもしれないので広報活動に力を入れる」。

 一方、立命館大びわこ・くさつキャンパスに置いた草津市選管は今回も2日間、設置する。解散風の吹き始めた9月中旬に立命大に申し出て快諾された。現在は市選管と会場に置くパソコン間でデータ共有する工事に入っており、「学生の多い市では若者の投票率アップが大きな課題。1回でやめれば定着しない」。滋賀県立大に設置した彦根市選管は「もともと学生ではなく地域住民の利便性に設けていた」として継続する。

 参院選(選挙区)の18、19歳の投票率は京都46・86%で全国11位、滋賀は50・57%と同6位で、全国平均(46・78%)より高かった。今回の選挙は20歳未満が参加する初の衆院選であり、投票所設置をあきらめた選管も、新たな対策が求められる。

【 2017年10月04日 17時00分 】

ニュース写真

  • 昨夏の参院選で、校内に設けられた期日前投票所で投票する高校生(2016年7月7日、木津川市兜台・南陽高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      NPB輩出へ誓い新た 滋賀ユナイテッド・鈴木代表に聞く

      20171211000089

       プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグで1年目の戦いを終えた滋賀ユナイテッド。鈴木信..... [ 記事へ ]

      経済

      ビットコインの先物取引を開始
      米国、利用拡大も

      20171211000066

       【ニューヨーク共同】米取引所大手CBOEグローバルマーケッツは10日、インターネット上..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      桑原蔵書廃棄が問うもの 古書店主「行き場なき現状に危機」

      20171211000108

       フランス文学者の故桑原武夫氏の蔵書約1万冊を京都市の図書館職員が無断で廃棄した問題につ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境と調和の都市文明へ宣言 京都議定書20周年

      20171211000074

       先進国に温室効果ガスの削減義務を課す京都議定書の誕生20周年を記念する「地球環境京都会..... [ 記事へ ]

      国際

      「中朝対立」報道で公明党に抗議
      共産党序列4位の発言隠蔽図

      20171211000105

       【北京共同】中国共産党序列4位の汪洋副首相が1日、北京で公明党の山口那津男代表と会談し..... [ 記事へ ]