出版案内
福祉事業団

ノーベル平和賞「核兵器禁止に力」 京都、被爆2世喜びの声

被爆者や宗教家らと核兵器禁止条約の交渉会議の成功を訴える米重さん(右)=6月・ニューヨーク、米重さん提供
被爆者や宗教家らと核兵器禁止条約の交渉会議の成功を訴える米重さん(右)=6月・ニューヨーク、米重さん提供

 「核兵器禁止条約の発効に向けて大きな力になる」。被爆2世の米重節男さん(68)=京都府向日市=はICANにノーベル平和賞授賞との一報に声を弾ませた。

 今年6月、ニューヨークの国連本部で開かれた核兵器禁止条約の交渉会議に合わせ、原水爆禁止日本協議会の代表団として現地にいた。被爆者の思いを届けようと平和行進をし、街頭で署名を集めた。

 傍聴した交渉会議では参加国の積極的な発言に驚かされた。「保有国や同調する日本のような国に任せていては核兵器はなくならないとの強い思いが伝わってきた」。不参加だった米国や英国の席に、折り鶴が置いてあったのが印象的だった。別の日には欠席した日本の席にも、折り鶴があったと聞いた。

 今年で92歳になる母は広島市で被爆。原爆投下後に母の姉を助けに行こうとして入市被爆した。1960年代に原爆ドームの取り壊し論争があった際に、「残さなければ」と強く主張していた母の姿を覚えている。

 「唯一の戦争による被爆国」といいつつ、交渉参加しなかった日本政府の姿勢に腹立たしさはある。保有国の反発で条約の実効性が疑しいことも知っている。だが、悲観はしていない。ICANとは、2014年にウィーンであった会議で出会った。国を超えて核廃絶に声を上げる姿に希望を感じた。「人々の声で国を動かしたい。廃絶までの道のりはまだ遠いかも知れないが、一緒に力を合わせて実現したい」と話す。

【 2017年10月06日 23時30分 】

ニュース写真

  • 被爆者や宗教家らと核兵器禁止条約の交渉会議の成功を訴える米重さん(右)=6月・ニューヨーク、米重さん提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      清宮は1軍スタート
      日ハム、キャンプ振り分け

      20180117000095

       日本ハムは17日、春季キャンプの1、2軍の選手振り分けを発表し、注目のドラフト1位新人..... [ 記事へ ]

      経済

      柿本社長「日本食材、米国に注力」 宝ホールディングス

      20180117000092

       2018年の経済が動き始めた。京都、滋賀を代表する企業トップは、景気や市場の先行きをど..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春ことほぐ濃茶の一服 茶道表千家が東京初釜

      20180117000086

       茶道表千家の東京初釜が17日、東京都千代田区の表千家東京稽古場で始まった。千宗左家元が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国と北朝鮮、次官級で五輪協議
      合同チーム構想前進も

      20180117000052

       【ソウル共同】韓国と北朝鮮は17日、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」..... [ 記事へ ]