出版案内
福祉事業団

ブラって毎日洗う? ワコールの「下着」企画、反響

「公開研究会では下着について気になることを率直に話し合いたい」と話す川勝さん(京都市南区)
「公開研究会では下着について気になることを率直に話し合いたい」と話す川勝さん(京都市南区)

 「ブラジャーを何枚持っている?」「ブラとパンツ、どちらを先につける?」-。家族や友人同士でも聞きにくい下着のことを本音で語るワコール(本社・京都市南区)のウェブアンケート企画「ブラパン」が女性たちの支持を集めている。スタートから8年になる今春、これまでに行った100の質問と結果を本にまとめたところ反響が大きく、公開の場で下着について真面目に話し合う研究会を14日、京都市内で初めて開くことになった。主催者らは「『下着観』を見つめ直し、自分の体についてより深く考えるきっかけにしてほしい」と参加を呼び掛けている。

 ブラパンは2009年5月、同社のホームページ上で始まった。同社広報・宣伝部の川勝和美さん(48)が同僚との会話で何気なく「もう下着の衣替えをしましたか」と聞いたところ、「したことない」「するのが当たり前」と意見が大きく分かれたため、全国のユーザーに尋ねてみようと企画。毎月一つの質問を出し、20~40代を中心とする登録会員約3千~5千人が回答を寄せている。

 「ブラとパンツは上下おそろい?」「寝るときはブラをはずす?」「ブラを洗う頻度は?」など、面と向かっては聞きたくても聞けない疑問ばかり。特に、回答理由をつづる自由記述欄には毎回、赤裸々なコメントが多く寄せられ、「正直に話せることを楽しんでくれていると感じます」と川勝さん。質問が100を超えたのを記念して出版した本「ブラパン100」には、男性読者からも「女性のことがよく分かった。男性こそ知るべき」という声が寄せられたという。

 公開研究会は、研究者や医療関係者らでつくる「乳房文化研究会」が主催。川勝さんが経緯を紹介した後、「生ブラパン」と題して川勝さんと公募の20~40代女性数人が語り合い、来場者からも意見を求める予定。川勝さんは「討論をきっかけに下着や自分の体を見つめ直す時間が増えたらうれしい。年齢性別を問わず皆で盛り上がりたい」と話している。

 14日午後2時から、南区のワコール新本社ビルで。無料。先着100人。申し込みは同研究会事務局ファクス075(682)1037、またはEメールnyu-bun@wacoal.co.jpへ。

【 2017年10月10日 10時40分 】

ニュース写真

  • 「公開研究会では下着について気になることを率直に話し合いたい」と話す川勝さん(京都市南区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      坂本は自己最高73・18点
      フィギュア・21日

      20180221000078

       30人によるフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、初出場の坂本花織..... [ 記事へ ]

      経済

      ベネズエラ、仮想通貨流通を開始
      財政危機の打開図るも疑問視

      20180221000075

       【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権は20日、独自の仮想通貨「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      150キロ、こんなに大きい 京都・力奉納の餅展示

      20180221000071

       巨大な餅を持ち上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日に醍醐寺(京都市伏見区)で行われ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア疑惑捜査で弁護士を起訴
      米特別検察官、偽証罪で

      20180221000005

       【ワシントン共同】トランプ米政権のロシア疑惑に絡み、モラー特別検察官が偽証罪で新たに弁..... [ 記事へ ]