出版案内
福祉事業団

ネット通販の対極、京都の振り売り 旬に合わせ食文化お届け

奥村さん(右端)の到着を待ちかねたように集まった得意客たち。気さくにあいさつを交わす様子に長年の付き合いが垣間見える=京都市北区上賀茂・柊野地区
奥村さん(右端)の到着を待ちかねたように集まった得意客たち。気さくにあいさつを交わす様子に長年の付き合いが垣間見える=京都市北区上賀茂・柊野地区

 9月上旬の土曜朝8時。京都市北区上賀茂の北西に位置する柊野(ひらぎの)地域の農家から、収穫したばかりの野菜を積んだ軽トラックが出発した。荷台には、ナスやニンジン葉などが並ぶ。「端境期だから、少ないですよ」と言いながら、代々農業を営む奥村健一さん(62)がハンドルを操る。

 上賀茂では収穫した野菜を持って得意先を一軒ずつ回る、「振り売り」と呼ばれる販売方法が根付いている。奥村さんに同行させてもらった。

 目的の家に到着するとインターホンを押し、「まいどおおきに」。ほんの数十メートルの距離で乗り降りを繰り返す。みんな、数十年来のお得意さんだ。

 荷台には見慣れない野菜も多い。買い物客に「ニンジン葉はどうやって食べるんですか?」と尋ねると、「ごまあえがおいしいね」。また「ハクサイ菜は、お揚げさんと一緒にだしで煮て、最後に卵を入れるんよ」。こうして、約1時間で出会った客は15人。野菜は全てなくなった。

 振り売りは、かつて女性の仕事だった。「男は農作業して、女が売りに行く。忙しい時も1人で行ってました」と奥村さん。半世紀ほど前は祖母が大八車を引き、母の代から軽トラックに。20年ほど前までは奥村さんの妻が担っていたが、別の仕事の都合で行けなくなって以来、奥村さんに代わった。

 高齢化が進み、担い手は減っている。奥村さんによると、柊野の振り売り農家は今、10軒ほど。「僕が始めた時からでも5~6軒はやめたかな」と言う。「足腰が弱ると車の乗り降りも大変やし、いつまでできるやろか」。少し不安がのぞく。

 「昔は何軒も来てはったけど、今は奥村さんとこだけ」と話すのは、長年の得意先で、上賀茂で喫茶店を営む藤木喜代さん(75)。「新鮮な野菜は格別。スーパーで買うのとは、味も香りも全然違う」と、店を切り盛りしながら、土曜の朝は奥村さんの訪問を今か今かと待っている。

 同じく得意客の一人、岡村圭子さん(73)は「振り売りで買う野菜に合わせて献立を考えるんよ」。あらかじめ献立を決めて必要な材料をスーパーで買う-そんな買い方に慣れた私の耳には新鮮に響いた。

 振り売りは旬の野菜を扱うだけに、気候に大きく左右される。消費者の求める野菜を提供できないこともあるが、「量や納期に縛られない分、おいしい野菜を作ることだけに集中できるんです」と、奥村さんは胸を張る。

 クリック一つで欲しい野菜が自宅に届く、ネット通販のような「簡単・便利な世の中」とは、いわば逆向きの世界。だが、京都人のいう「ええ塩梅(あんばい)」が、そこには詰まっている。

     ◇ 

 京の街では、長い歴史に培われた独特の習わしや知恵、信仰などが、今も人々の暮らしの中に根付いている。故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る-。記者がそれらを実際に調べ体験し、現代の生き方を考えるヒントにしたい。

【 2017年10月11日 15時06分 】

ニュース写真

  • 奥村さん(右端)の到着を待ちかねたように集まった得意客たち。気さくにあいさつを交わす様子に長年の付き合いが垣間見える=京都市北区上賀茂・柊野地区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      レイクス田中大地、シーズン途中で早期引退 バスケBリーグ 

      20180117000036

       今季限りでの引退を明言していたレイクスの田中大地選手(28)が10日、シーズン途中での..... [ 記事へ ]

      経済

      美容商品広告の写真、修整せず
      米大手ドラッグチェーン

      20180117000020

       【ニューヨーク共同】米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは16日までに、店舗やネ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旅する「空中茶室」の魅力語らう 京都・八幡で21日シンポ

      20180117000033

       石清水八幡宮(京都府八幡市八幡)の宿坊にかつてあった空中茶室「閑雲軒(かんうんけん)」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で初「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]

      国際

      独で皇后さま歌集の出版行事開催
      訳者「人生詰まった50首」

      20180117000030

       【ベルリン共同】皇后さまの和歌50首をドイツ語訳した歌集「その一粒に重みのありて」の出..... [ 記事へ ]