出版案内
福祉事業団

武将の子孫が災害支援橋渡し 太田道灌ゆかり、東西の2市

草津市と神奈川県伊勢原市の協定締結を橋渡しした太田酒造の太田会長(草津市草津3丁目)
草津市と神奈川県伊勢原市の協定締結を橋渡しした太田酒造の太田会長(草津市草津3丁目)

 滋賀県草津市と神奈川県伊勢原市がこのほど、災害時に食糧支援や職員派遣などで協力する相互応援協定を結んだ。両市をつないだのは、室町時代の武将太田道灌(どうかん)(1432~86年)の縁。伊勢原市は道灌が亡くなった地で、草津市では子孫が代々続く酒造会社を営む。橋渡しに一役買った「太田酒造」の太田實則会長(89)は「両市の交流が深まれば」と願っている。

 道灌は57年に江戸城を築城。伊勢原市には墓があり、毎年10月には約30万人が訪れる「伊勢原観光道灌まつり」が催されている。2007年の同まつりでは18代目の子孫にあたる太田会長が道灌役として行列に参加し、醸造する日本酒「道灌」などを販売している。

 伊勢原市は東日本大震災を機に協定の締結を進めている。同時被災のリスクが低い全国約80の自治体を候補に挙げ、草津市にも打診した。しかし、草津市はすでに神奈川県の4市町を含む38の自治体と同様の協定を結んでおり「真摯(しんし)に協力できない可能性がある」と当初は難色を示した。

 そこで太田会長が掛け合うと、草津市も「民間の交流を下支えに結ぶ協定も貴重」と応諾した。伊勢原市は「道灌公つながりで締結に至りありがたい」と感謝し、14、15日に開催する道灌まつりに草津市職員を招く。両市は今後、観光振興などでも連携していくという。太田会長は「私の功績ではなく、たまたまの縁です。両市がこれから大きく発展してほしい」と話している。

【 2017年10月13日 18時40分 】

ニュース写真

  • 草津市と神奈川県伊勢原市の協定締結を橋渡しした太田酒造の太田会長(草津市草津3丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      鈴木愛は世界ランク31位に浮上
      女子ゴルフ、野村敏京は35

      20171211000041

       女子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、鈴木愛は前週の32位から31位に浮上..... [ 記事へ ]

      経済

      WTO閣僚会議が開幕
      自由貿易体制の堅持促す

      20171211000006

       【ブエノスアイレス共同】世界貿易機関(WTO)閣僚会議が10日、アルゼンチンの首都ブエ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「読者と一緒に考えたい」 ミシマ社の異色雑誌「ちゃぶ台」

      20171211000038

       ミシマ社の異色の総合雑誌「ちゃぶ台」が創刊3号を迎えた。「多くの人がまだ気付いていない..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学校のどこが嫌?」 京都の教員、フリースクールに学ぶ

      20171210000041

       不登校の児童や生徒が通うフリースクールに対して、教育委員会や学校関係者の関心が高まって..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都議定書20年、誕生地で会議
      市主催、温暖化考える

      20171210000121

       1997年の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に温室効果ガスの排..... [ 記事へ ]

      国際

      ユニセフ、若年ネット利用に警鐘
      影響に関する報告書発表

      20171211000029

       【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は11日付で、インターネットが子どもや若者..... [ 記事へ ]