出版案内
福祉事業団

賞味期限直前、食品売れる? 京都市が社会実験

食品ロス削減に向けた社会実験が始まった食品スーパーで品定めする買い物客(京都市右京区・フレンドマート梅津店)
食品ロス削減に向けた社会実験が始まった食品スーパーで品定めする買い物客(京都市右京区・フレンドマート梅津店)

 京都市は1日、従来は店頭から撤去している賞味期限切れ直前の加工食品が、売れるかどうかを試す社会実験を市内スーパー5店舗で始めた。食べられるのに捨てられている「食品ロス」を減らす狙いで、約1カ月間取り組み、削減効果を検証する。

 スーパー大手の平和堂とイズミヤが協力し、売れ残りによる廃棄が生じやすい日用的な加工食品のうち、計15品目を対象に行う。過ぎたら食べない方が良い「消費期限」に対し、「賞味期限」はおいしく食べられる期限。実験では商習慣で、賞味期限の前日か前々日までに商品棚から撤去しているのを、当日や前日まで販売期限を延ばす。

 平和堂のフレンドマート梅津店(右京区)では、食パン、あげ、豆腐、納豆の4品目で、販売期限の延長を開始。商品棚には、社会実験の説明文を掲示しているが、これらの品目は、賞味期限切れ前の値引き品と同じように並べられ、買い物かごに入れてゆく来店者がいた。

 対象の品目を購入した近くの主婦、廉隅きぬ子さん(74)は「賞味期限は期限切れ直前でも十分に食べられる。捨ててしまうにはもったいない、という思いに共感している」と話した。

 市は期間中、販売期限の延長に関し、業者に実施状況や、市民に許容できる期限を聞くアンケートも予定している。

【 2017年11月01日 22時50分 】

ニュース写真

  • 食品ロス削減に向けた社会実験が始まった食品スーパーで品定めする買い物客(京都市右京区・フレンドマート梅津店)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      スキー複合に渡部兄弟、永井ら
      20日の個人ラージヒルに出場

      20180219000136

       【平昌共同】ノルディックスキー複合で20日に行われる個人ラージヒルの出場選手が19日、..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ、テストコースに3千億円
      山岳路模し19年4月一部完

      20180219000129

       トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は19日、愛知県豊田市と岡崎市にまたがる山間地に造る大型テ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      グンゼ創業者鶴吉の生涯、社員と市民熱演 没後100年で

      20180219000057

       繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)が23日で没後100年を迎える..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      契約は慎重、相談早め 京都、高校生が悪徳商法の対応学ぶ

      20180219000059

       卒業を控えた高校3年生を対象に、契約に関わるトラブルや悪徳商法の被害を防ぐための教室が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電、玄海3号機の燃料装填公開
      安全性アピール

      20180219000128

       九州電力は19日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けた核燃料の装填作業を報道..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ米大統領夫妻にすきま風
      離婚巡り世論を二分

      20180219000114

       【ワシントン共同】トランプ米大統領(71)の過去の不倫疑惑が相次いで浮上し、メラニア夫..... [ 記事へ ]