出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

社説:受動喫煙防止 もう先送りは許されぬ

 受動喫煙防止を巡り「決められない政治」が続いている。

 対策強化に向けて政府が打ち出した屋内原則禁煙に自民党の一部議員が反対し、再三、折衝を重ねたものの妥協点を見いだせない。健康増進法改正案は国会に提出できず宙に浮いたままだ。国民の健康に関わる重大事にもかかわらず、対策強化に後ろ向きな自民党は時代の流れを見誤っていると言うしかない。

 政府は先ごろ、予防と検診の強化を柱とした第3期がん対策推進基本計画を閣議決定した。ただ焦点の一つだった受動喫煙にさらされる人の割合をゼロにする目標設定は断念した。並行して議論してきた受動喫煙対策を強化する法改正案の調整が難航しているためだ。

 第2期がん計画では受動喫煙を「2022年度までに行政機関と医療機関は0%、家庭は3%、飲食店は15%に減らす」目標を掲げてきた。厚生労働省の専門家会合は第3期計画に「家庭や飲食店でも受動喫煙ゼロ」を明記するよう求めている。

 副流煙を吸い込む受動喫煙は、煙の量は少なくても毒性物質の濃度が高い。肺がんや心筋梗塞などのリスクを高め、受動喫煙が原因で亡くなる人は国内で年間に推計1万5千人と交通事故死の約4倍に相当する。重く受け止めねばならない。

 政府は「望まない受動喫煙をなくす実効性のある健康増進法改正案を、可能な限り早期に国会に提出したい」(加藤勝信厚労相)との意向だが、これでは本気度に疑問符が付く。

 そもそも受動喫煙の対策強化は、国際的な潮流と言える。英国など50カ国近くが法律で公共の場所全てを屋内禁煙にしている。日本の対策は国際的に「最低レベル」に甘んじてきた。子どもを含めたばこを吸わない人の健康をどうやって守るか、日本人の良識が問われている。

 20年には東京五輪・パラリンピックが開かれる。「たばこのない五輪」は、今や世界の常識だ。国際基準にのっとった屋内完全禁煙を実現することは開催国の責務であるのに、無煙五輪に赤信号がともり始めた。

 法案化で焦点となっているのは、喫煙を例外的に認める飲食店の線引きだろう。厚労省は激変緩和措置が終了後、喫煙を認める例外を約30平方メートル以下の小規模なバーなどに限定したい考えだ。これに対し、自民党は受動喫煙対策の必要性を認めつつも、店頭に「喫煙」「分煙」と表示した上で、さらに例外を広げるよう求めている。

 規制は明快であるべきで、いったん例外を認めると、際限なく広がりかねない。後退に後退を重ねては国民の健康を守る効果は期待できない。

 喫煙権や営業権を軽視するわけではない。健康を損なう恐れがある以上、いや応なく他人のたばこの煙にさらされない権利は、より尊重されるべきであろう。

 五輪開催地の東京都は独自に公共施設や飲食店の屋内を原則禁煙とする条例制定を目指している。しかし競技会場は都内だけではなく、全国一律の対策が望ましい。特別国会は会期が限られるとはいえ、これ以上法案提出の先送りは許されない。

【 2017年11月05日 12時07分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      米女子ゴルフ、畑岡19位
      ヒューゲルJTBCオープン

      20180423000060

       【ロサンゼルス共同】米女子ゴルフのヒューゲルJTBCオープンは22日、米ロサンゼルスの..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      メタセコイア並木、一斉に新緑 滋賀の観光名所

      20180423000071

       滋賀県高島市マキノ町の観光名所「メタセコイア並木」で、新緑が一斉に芽吹き、すっかり春の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、北朝鮮向け宣伝放送を中断
      「軍事的緊張緩和」

      20180423000048

       【ソウル共同】韓国国防省は23日、韓国が軍事境界線付近で北朝鮮に向けて拡声器で流してき..... [ 記事へ ]