出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

求む!若手の市バス運転手 京都、採用後に大型2種取得も

京都市交通局のバス運転手の年齢構成
京都市交通局のバス運転手の年齢構成

 全国的にバス運転手の不足や高年齢化が顕著になる中、京都市交通局は、市バス運転手を採用する際の条件としてきた大型自動車第2種免許の取得について、未取得者を対象にした新たな採用方式を導入する。免許取得費を交通局が全額負担することで、意欲はあるが経済的な不安を抱える若者にも採用を広げる。全国でも同様の採用方式を導入する公営事業者が増えており、京都市も人材獲得競争に参入する。

 警察庁の統計によると、バス運転手になるために必要な大型2種免許の保有者数は2016年末で約94万2500人と、この10年間で約19万人(16・9%)減少。京都府内も約2万人にとどまり約4400人(17・9%)減った。他の産業に比べると、平均的な労働時間が長く年間所得が少ないなど労働環境が厳しく、新規取得者が減っているという。

 市交通局が同免許取得を条件とした採用試験の受験者数は、14年度に130人、15年度に111人、16年度は85人へと減っている。同免許は普通免許取得などから3年以上を経ていることが条件で、教習所での取得に50万円余りかかるため、「受験者は30~39歳が70~80%を占める」という。

 新方式は、今年12月の第1次試験(筆記)、来年1月の第2次試験(口述や適性検査)に合格すれば「嘱託運転士教習生」として採用し、4~6月の3カ月間で業務中に大型2種免許を取得する流れ。その後は乗務練習や本務試験を経て、嘱託運転士として採用する。

 18年度の採用は従来の方式による約50人に加え、新方式で採用時に21~35歳の5人程度を予定する。

 職員採用後に事業者負担で大型2種免許を取得させる方式は仙台市や横浜市、大阪市も導入済み。京都市交通局は「うちのバス運転手は30代後半から40代前半が特に多く、20代は5%にも満たない。新たな採用方式で将来の市バスを担う意欲ある若者を確保したい」とする。

 申し込みは11月30日まで。同局職員課075(863)5073。

【 2017年11月21日 11時15分 】

ニュース写真

  • 京都市交通局のバス運転手の年齢構成
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、長谷部は後半に退場
      ドイツ1部リーグ

      20180422000002

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは21日、各地で行われ、アイ..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      はや夏本番?京都・舞鶴で真夏日 急きょツツジ見学会も

      20180421000125

       京都府と滋賀県は21日、高気圧に覆われ、ほぼ全域で気温が今年最高となり、早くも夏本番を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]