出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「風車村」をグランピング施設に 滋賀・高島市、業者と協定

「しんあさひ風車村」に計画されるグランピング施設の完成イメージ。シンボルの風車は残し、宿泊用のキャビンやテントを配置する+
「しんあさひ風車村」に計画されるグランピング施設の完成イメージ。シンボルの風車は残し、宿泊用のキャビンやテントを配置する+

 滋賀県高島市の道の駅「しんあさひ風車村」(同市新旭町藁園)を、キャンプにホテル並みのサービスを組み合わせた新しいレジャー「グランピング」施設に民間資本を活用して再整備する計画で、市と事業主体の不動産開発業者「光亜興産」(本社・大阪府門真市)が21日、整備や運営で相互に協力する協定を結んだ。

 計画では、風車村の敷地(11・6ヘクタール)のうち、第1期として7・7ヘクタールに宿泊用のキャビンやテントを整備。レストランや温浴施設を併設したメイン棟、イベント広場も設け、来年7月のオープンを目指す。総事業費は12億~13億円の見通しで年間10万人の利用を想定する。

 協定では市が税制面の優遇措置など、市企業誘致条例に基づき支援を行う一方、光亜興産には地域に開かれた施設運営や食材の調達、雇用などの面で地元への配慮を求めている。両者は今後、20年間の定期借地権付き賃貸借契約を結び、同社は土地の賃借料や河川占有料など年間約480万円を市に支払う見込み。

 市役所で行われた締結式で、同社の川村光世社長は「地域住民や周辺の施設と連携して高島を全国に発信したい」と述べ、福井正明市長も「将来にわたり地域の活性化に力添えをいただきたい」と話した。

 市は開園から約30年が経過し、施設が老朽化した風車村を昨春一時閉園。利活用について検討を進める中、今年8月、市企業誘致審査会が光亜興産側の提案を採用することを決めた。

【 2017年11月21日 21時05分 】

ニュース写真

  • 「しんあさひ風車村」に計画されるグランピング施設の完成イメージ。シンボルの風車は残し、宿泊用のキャビンやテントを配置する+
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      マリナーズ、球場契約を更新
      来季から25年間、新しい名前に

      20180524000107

       【オークランド共同】米大リーグのマリナーズは23日、シアトルの本拠地セーフコ・フィール..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、多言語スマホ貸し出し
      外国人実習生受け入れの企業

      20180524000111

       シャープは24日、外国人技能実習生を受け入れている企業向けに、多言語対応のスマートフォ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都遺産第2弾に3件認定 水の文化、京町家、明治の近代化

      20180524000055

       京都市は、市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリア新首相が組閣本格化
      五つ星と同盟から起用

      20180524000097

       【ローマ共同】イタリアの新首相に指名された法学者のジュセッペ・コンテ氏(53)は24日..... [ 記事へ ]