出版案内
福祉事業団

性の学習会、多様な学び育む 京都の助産院、300回の節目

300回を迎えた「のびの会」で、スタート当時の思い出を振り返る左古さん(京都市伏見区・あゆみ助産院)
300回を迎えた「のびの会」で、スタート当時の思い出を振り返る左古さん(京都市伏見区・あゆみ助産院)

 性と生のことを自由に語り合おうと、京都市伏見区の「あゆみ助産院」が月1度のペースで開いている学習会「のびの会」が今月、300回の節目を迎えた。1991年の開始以来、思春期や夫婦関係、死など多様なテーマを取り上げ続け、多様な世代の学びの場となっている。

 のびの会は、あゆみ助産院を運営する助産師左古かず子さん(71)の「命が生まれる場所でこそ性の学習会を」との強い思いで始まった。自由に自分の考えを語れることや発言内容を責めないことなど、最低限のルールに触れなければ誰でも参加できることから、出産後間もない父母や子どもが成人した人まで毎回多彩なメンバーが集っている。

 長く参加する人も多く、会の世話役を務めるあん摩マッサージ指圧師の徳廣直子さん(45)=京田辺市=は、現在高校2年の長女が生まれる前から通い続ける。「自分が少しずつ変わっていくのを実感するのと同時に、毎回新鮮な気持ちになれる」と徳廣さん。何度参加しても飽きることはないという。

 今月18日には300回を記念した特別例会「私とのびの会」があり、過去に通っていた人など全国から約30人がお祝いにかけつけた。「自分の生き方を自分で考える力をつけてくれた」「自分と他者の命を大切にすることを学ぶ場」など、それぞれが会に引かれた理由や心情を吐露。左古さんは「のびの会は、私が死ぬまで続けたい」と話した後、「子どもが生まれた時から、体のことを真剣に話し合える家庭を築く努力をしてほしい」と開設時からの思いをあらためて語った。

 次回は12月7日に「パートナーとの関係」をテーマに開く。問い合わせはあゆみ助産院075(643)2163。

【 2017年11月22日 11時18分 】

ニュース写真

  • 300回を迎えた「のびの会」で、スタート当時の思い出を振り返る左古さん(京都市伏見区・あゆみ助産院)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大谷選手、契約金は2億6千万
      エンゼルスの上限額とAP通信

      20171214000069

       【ロサンゼルス共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムでの米大リーグ、エンゼルス..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 ジェイ・エス・ビー

      20171214000031

      ■管理戸数増で増収増益 主力の不動産賃貸管理事業は、取り扱い物件戸数の増加や高水準の入居..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大しめ縄飾り 京都・向日神社で事始め

      20171214000073

       迎春準備の「事始め」にあたる13日、京都府向日市向日町の向日神社で、氏子らがしめ縄を作..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最古の首長竜、絶滅逃れる
      ドイツの2億年前の地層

      20171214000009

       「首長竜」と呼ばれる海の大型爬虫類プレシオサウルス類の最古の化石を見つけたと、東京大や..... [ 記事へ ]

      国際

      メルケル首相、大連立へ協議開始
      第2党党首と会談、反対論も

      20171214000041

       【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は13日、自ら率いる第1党の保守、キリスト教民主・..... [ 記事へ ]