出版案内
福祉事業団

社説:ロ平昌参加禁止  フェアな五輪取り戻せ

 組織的なドーピング(薬物使用)問題を起こしたロシアに対して、国際オリンピック委員会(IOC)が、来年2月に開かれる平昌冬季五輪から、同国の選手団を除外すると決めた。前代未聞の厳しい処分である。

 ロシアは、2014年のソチ五輪で、国別でトップとなる33個のメダルを獲得したが、IOCの調査で25人の違反者を出した。剥奪されたメダルは金4、銀6、銅1に及ぶ。組織的な不正であることは明らかだとされた。今回の除外処分は、当然だろう。

 とはいえ、この問題に対してIOCが、当初から毅然(きぜん)とした態度で臨んだわけではない。

 世界反ドーピング機関(WADA)は早くから、ロシアによる組織的な薬物投与や検体すり替えなどの不正があったと認定していたが、昨夏のリオデジャネイロ五輪でIOCは、ロシア選手参加の可否について、各国際競技団体の判断に委ねた。その結果、大勢のロシア選手が出場し、「弱腰」との批判を招いた。

 平昌五輪前のこの時期に処分を決定するのは、遅きに失したとも指摘されている。

 処分の内容を見ても、寛大なところがある。組織的な不正としながら、ロシアの国家的関与については明確にしなかった。平昌への選手団派遣を禁じる一方で、潔白の証明された選手が個人資格で参加する道は残した。

 ロシアは、フィギュアスケートなどの人気競技で、有力選手を多く抱えている。全面的にボイコットをすれば、五輪運営に大きな影響を及ぼす。

 これを避けたいという思いが、IOCにあったとみられる。ロシアのプーチン大統領が個人参加を容認し、胸をなでおろしているのではないか。

 しかし大事なのは、薬物汚染を繰り返さないことである。

 個人参加を可能にするにしても、潔白を証明する検査、手続きについては、透明で公正なものにしてほしい。今回の問題は、20年の東京五輪にも影響する。日本は、ドーピング対策の法整備を速やかに進めるべきだ。

 ソチ五輪は、ロシアの威信をかけた一大イベントだった。不正の背景には、国威発揚への思惑もあったはずだ。だが、薬物の助けを借りた勝利や記録に意味はなく、競技の成立を妨げるだけである。今回の処分を、クリーンでフェアな五輪の精神を取り戻す契機にしてもらいたい。

[京都新聞 2017年12月08日掲載]

【 2017年12月08日 11時53分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      アルペンスキー、須貝は52位
      W杯男子SG第4戦

      20180120000006

       【キッツビューエル(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は19日..... [ 記事へ ]

      経済

      インテリアに和の技、パリでPR 見本市に京都の16社

      20180119000169

       フランス・パリで欧州最大級のインテリア・デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」が1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ゴッホと日本、憧れの往還 20日から京都近代美術館

      20180119000171

       「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(京都新聞など主催)の内覧会が19日、京都市左京区の京都..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      全日制倍率は4・18倍 18年度、滋賀の私立高入試

      20180119000185

       滋賀県は19日、県内の私立全日制・定時制高校の2018年度入試の出願状況をまとめた。全..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島2号機で溶融核燃料初確認
      第1原発調査、炉心から落下

      20180119000159

       東京電力は19日、福島第1原発2号機でカメラ付きのパイプを使い、原子炉格納容器内部を調..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン氏、氷点下で沐浴
      ロシア正教伝統行事

      20180119000139

       【モスクワ共同】ロシア正教で「主の洗礼祭」に当たる19日、凍結した海や川、湖などの氷を..... [ 記事へ ]