出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

五輪出場の宮原「一番の先生」 コーチ・浜田美栄さん

女子フリーの演技を終え、浜田美栄コーチと抱き合う宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ
女子フリーの演技を終え、浜田美栄コーチと抱き合う宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 フィギュアスケート女子の宮原知子選手(19)を初の五輪へと導いた。コーチ歴36年。「スケートが好きだからやってきた。五輪選手を育てるために指導しているわけじゃない」と何度も口にしてきたが、会心の演技の愛(まな)弟子を抱きしめ、高得点に顔を手で覆って肩を震わせた。

 京都市伏見区出身。小学生の時に母親が申し込んだスケート教室で競技を始め、全日本選手権にも出場した。ただ「私は(選手として)全然大したことがない」と謙遜する。小学校の卒業文集には将来の夢にフィギュアのコーチと書いた。

 同志社大在学中に当時フィギュアが全盛だった米国に留学し、卒業と同時にコーチに。だが、活動拠点のリンクが相次いで閉鎖。練習場所を求めて奔走し、教え子を送り迎えするため車もワゴンタイプに買い換えた。奮闘は実を結び、2004年四大陸選手権覇者の太田由希奈さんら世界レベルの選手を輩出した。

 現在は関西大たかつきアイスアリーナ(大阪府高槻市)を拠点に活動。有望選手を多く抱え、宮原選手だけでなく、本田真凜選手(16)、白岩優奈選手(16)ら「浜田組」の選手がフィギュア界を席巻する。

 指導は厳しく、声を荒らげることも。演技直前は手を握り、額同士を合わせ、“魔法の言葉”を掛けて勝負のリンクに送り出す。「私の一番の先生」(宮原選手)。信頼は厚い。

 オリンピアンを育てても「私の原点」と語る初心者教室に顔を出す。フィギュアが人気が出る前の苦しい時代を知るからこそ初心を忘れない。「ブームが去ってもいいものは残る。ちゃんと勉強しないと」。京都府城陽市在住。

【 2017年12月24日 11時30分 】

ニュース写真

  • 女子フリーの演技を終え、浜田美栄コーチと抱き合う宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ヤ5―6D(21日)
      DeNA筒香が勝ち越しソロ

      20180421000126

       DeNAが逆転勝ちで首位に浮上した。4―5の九回に代打中川大の二塁打で追いつき、延長十..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の4百貨店、4カ月ぶり売上増 3月、春物が好調

      20180421000095

       日本百貨店協会が20日に発表した京都市内4百貨店の3月の売上高は、前年同月比1・7%増..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      主題歌も京都発バンド 「リズと青い鳥」声優に本田望結も

      20180421000026

       京都アニメーション(京都府宇治市、通称京アニ)の新作映画「リズと青い鳥」が21日から全..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]